SPORTS 2019年6月16日

【部員が見る東大軟式野球2019春⑫】新人戦決勝 決定打に欠け立教大に1-2で敗北

春季阿久澤杯決勝vs立教大学(5月31日)

 

東大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 | 1

立大 0 0 0 0 0 2 0 0 × | 2

 

 春季阿久澤杯(新人戦)決勝、相手は昨季同大会決勝で東大が敗れた立教大学。

 

 東大は、先発に2年の赤羽(理Ⅰ・2年)を送った。赤羽は立ち上がりに二者連続で四球を与えたものの、無失点で切り抜ける。徐々に調子を上げた赤羽は四回まで無安打に抑える好投を見せた。

 

 打線も好投に応える。四回先頭の菅野(文Ⅱ・2年)が死球で出塁すると、続く打者の犠打の際に一気に三塁を陥れる。続く小泉(文Ⅲ・2年)の打席で菅野が三塁と本塁の間に挟まれるも、相手のタッチをかいくぐり生還、東大が先制した。

 

好走塁を連発し、得点した菅野(文Ⅱ・2年)(写真は軟式野球部提供)

 

 東大は、五回にも満塁の好機を作ったものの、追加点をあげることができなかった。

 

 一方の立教大学、六回先頭の打者が東大二番手の土屋(文Ⅱ・1年)からフェンス直撃の二塁打を放つ。四球と犠打で一死二、三塁となった後、四番打者がライト前に適時打を放ち、同点となった。さらに、続く五番が代わった水田(文Ⅰ・2年)からレフト前に適時打を放ち、東大は逆転された。

 

自責点0の好投を見せた水田(文Ⅰ・2年)(写真は軟式野球部提供)

 

 水田はその後無失点に抑える好投を見せたが、東大は八回、九回の好機を生かせず、1対2で敗北した。

 

 東大は、立教大学の倍となる8本の安打を放ちながらも1得点に抑えられ、悔いの残る敗戦となった。

 

文責:軟式野球部 菊池慶(文Ⅰ・2年)

 

【部員が見る東大軟式野球2019春】

開幕戦、西野投手の好投で慶應大に粘り勝ち

チャンス生かせず明治大に惜敗

西野投手の好投で法政大下し序盤戦勝ち越す

エース好投も慶應大にサヨナラ負け喫す

投打噛み合い立教大に勝利 今リーグ3度目の完封勝ち

好機生かせず法政大に1-1で引き分ける

早稲田大に1-0で惜敗 今季初の完封負け

打線つながり立教大に6-1で快勝

延長12回、明治大にサヨナラ勝ち

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年06月13日

アメフト 中大に残り39秒で逆転し6年ぶり勝利 竹之下監督「守備の活躍に尽きる」

SPORTS 2019年05月30日

アメフト オープン戦第4戦は法政大に敗戦 完封で3連敗を喫する 

SPORTS 2015年01月28日

東大ボウリング部 大森遼選手、関東学生個人ボウリング選手権で優勝

SPORTS 2016年10月14日

東大が総合優勝の第55回七大戦、全競技結果一覧

SPORTS 2018年04月22日

硬式野球 先発の小林投手好投も打線が援護できず明大に連敗

TOPに戻る