LATEST NEWS 2019年11月25日

2020年度推薦入試出願者数 過去最低タイの173人に

 

 東大は11日、2020年度推薦入試では100人程度の募集人員に対し出願書類の受取通数は173人だったと発表した。19年度最終出願者数に比べ12人減少し、推薦入試制度を初めて導入した16年度や17年度に並び過去最低だ。

 

 出願したのは147校、うち初出願は38校。出願者を出身地域別に見ると、関東の出身が74人だった。出願者のうち女子は75人で全体の43.4%だった。

 

 16年度以来工学部の出願者数が初めて50人を超えた一方、法学部の出願者数は初めて20人を下回った。

 

 同日、20年度一般入試から、理科Ⅲ類の募集人員が97人から95人になることも発表された。文部科学省に申請していた定員2人増の期限が切れたため。ただし、文科省が期限を延長すれば、97人のままとなる。


この記事は2019年11月19日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:東大の足元は今①教育編(上) 東大の教育力 教員負担の削減とTAの活用を
ニュース:出願要件化は困難か 英語民間試験利用 入試監理委で対応協議
ニュース:推薦入試出願者数 過去最低タイの173人に
ニュース:ラクロス男子 2年連続で準優勝 またも早大に完敗
ニュース:アメフト中大戦 好機逃し敗戦 最終戦で初勝利目指す
ニュース:囚人のジレンマで搾取の仕組み解明
ニュース:仁科記念賞に岩佐教授 東大からは2年ぶり
ニュース:硬式野球部 新監督にOB井手さん 中日でもプレー
企画:論説空間 問われ直す存在意義 図書館の過去と未来 河村俊太郎准教授(教育学研究科)
企画:味わい深いひとときを コーヒーの楽しみ方
推薦の素顔:村本剛毅さん(理Ⅰ・1年→工)
サークルペロリ:東京大学運動会ソフトボール部
100行で名著:『鉄道が創りあげた世界都市・東京』矢島隆・家田仁編著
東大で昆活!:秋のコオロギ特集
キャンパスガイ:伊東敦紀さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年05月04日

新入生アンケート2020分析① 受験編 「高校で地学勉強せず」6割

NEWS 2016年02月10日

東大初の推薦入試、77人が合格

NEWS 2019年11月15日

英語民間試験利用 出願要件化は困難か

NEWS 2020年08月01日

東大、2021年度一般入試(前期日程)で追試験実施 学校推薦型選抜では受験者の実績証明に配慮

INTERVIEW / FEATURE 2020年01月25日

【受験生応援2020】東大日本史のカリスマ講師が語る、東大受験に求められる力とは

TOPに戻る