LATEST NEWS 2019年4月12日

ステーキ状「培養肉」の人工的作製に成功

 竹内昌治教授(生産技術研究所)は日清食品ホールディングス株式会社との共同研究で、牛肉由来の筋細胞からサイコロステーキ状のウシ筋組織を作ることに世界で初めて成功した。人工的なステーキ肉の実用化への第一歩となる。(図)

 

(図)ステーキ状の培養肉(写真は生産技術研究所提供)

 

 世界的な食肉需要の増加に伴い、自然環境への負荷が少なく衛生管理が容易な人工肉が注目されている。ただ、従来の研究ではミンチ肉の作製が中心だった。

 

 今回の研究では、培養過程でビタミンCを投与して筋細胞の成熟を促進。厚みのある培養肉を作るため筋細胞をゲル状の支持体で立体的に培養したところ、筋組織に特有の縞状構造を持つ細い筋組織の生成にも成功した。さらに、筋細胞の集合体を積層して培養することでサイコロステーキ状の筋組織を作製した。今後、より大きな人工筋組織で「培養ステーキ肉」の実用化が期待される。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2018年03月21日

岡西政典特任助教ら テヅルモヅル類の新種を106年ぶりに発見

NEWS 2019年03月29日

日本学士院賞 東大関係者5人が受賞

NEWS 2020年05月02日

文部科学大臣表彰 東大所属者44人受賞

NEWS 2020年01月20日

流体中の微小粒子を安価簡便に自動測定

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年03月25日

退職教員インタビュー② 石田英敬教授 今こそ記号論が必要だ

TOPに戻る