SPORTS 2015年9月21日

東大硬式野球 終盤に粘り切れず、開幕カード連敗

硬式野球部(東京六大学野球)は12、13日に秋季リーグ開幕戦を早稲田大学と対戦。拙攻が目立ち、開幕カードを落とした。

 

●1回戦(12日)

東大|000000110|2

早大|00000031X|4

 

投手陣が六回まで早大を無安打に抑え、打線は初回から得点圏に走者を進めるなど序盤は東大が主導権を握る。七回、死球と犠打で2死一、二塁の好機を作ると、失策で先制。死球で満塁とするも追加点は奪えず。その裏、バント処理時の悪送球の間に追い付かれ、本塁打を浴びて逆転された。東大は八回に無死一、二塁、九回に2死満塁とするも追い付けなかった。

 

  • 2回戦(13日)

早大|200000011|4

東大|000020000|2

2回戦で3回を無失点に抑え、本塁打も放った白砂投手
2回戦で3回を無失点に抑え、本塁打も放った白砂投手

東大は初回、先頭に三塁打を浴びて2点を失うが、その後は失点を許さない。五回から登板した白砂謙介投手(育・4年)は自らの本塁打で追い付き、七回まで投げて無失点に抑える。終盤、東大は外野守備の乱れで失点を重ねる。打線は七、八、九回いずれも2死一、二塁の好機を作ったが得点できなかった。

 

(文・写真 古川夏輝)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年05月10日

なぜ東大水泳部主将は「先回り思考」を重視するのか。

INTERVIEW / OBOG 2016年04月21日

30年ぶり再入学「人を説得する言葉を見つけに来た」…弁護士 笹本さん 前編

NEWS 2016年10月22日

【部員が見る軟式野球⑦】明大にノーヒットノーラン喫す 東日本大会出場の可能性が消滅

SPORTS 2019年05月26日

硬式野球 シーソーゲームを落とし立大に連敗 全敗でシーズンを終える

NEWS 2017年09月16日

硬式野球 宮台投手完投で慶大から今季初勝利 打線も今季最多の5得点

TOPに戻る