ニュース

2020年8月12日

硬式野球法大戦 好機を生かしきれず今季開幕から2連敗

 硬式野球部(東京六大学野球)は8月11日、春季リーグ第2戦を法政大学と戦い、3-6で敗れた。東大は四回に一挙4点を失い、打線は八回に3点を返すも好機を生かしきれなかった。これで東大は今季ここまで0勝2敗となった。

 

東大|000000030|3

法大|00041001X|6

勝:鈴木(法大) 負:西山(東大)

 

 先発の西山慧投手(理Ⅱ・2年)は三回まで1安打無失点に抑える順調な立ち上がり。しかし四回、先頭打者に死球で出塁を許すと、続く打者には甘く入った球をライトスタンドまで運ばれ、2点を先制される。以降も3安打を許し、4回4失点で降板。後を任されたリリーフ陣は粘投を見せる。

 

先発の西山投手は四回につかまった(撮影・中野快紀)

 

 打線は三回、前日途中出場ながら3打数2安打と好調だった中井徹哉選手(理Ⅱ・2年)の二塁打などで、二死一、三塁の好機を迎える。しかし今季ここまで無安打の井上慶秀選手(育・3年)が空振り三振に倒れ、無得点に終わる。四回には先頭の石元悠一選手(育・4年)が、相手投手の球を丁寧に見極めて四球で出塁するも、味方の安打の間に三塁を狙って走塁死。得点機を生かし切れない展開が続く。

 

三、四回には井上慶選手の三振、石元選手の走塁死など、チャンスを生かしきれないプレーが続いた(撮影・中野快紀)

 

 この試合最大の好機は0-5で迎えた八回だった。連続安打と死球で無死満塁とすると、打席にはこの日、三回の好機で凡退している井上慶選手。1ストライクからの2球目、外角高めに浮いた球を丁寧に打ち返す中前適時打で、1点を返すことに成功する。さらに四球と犠飛で2点を追加し、なおも一死一、三塁と好機が続くが、2者連続三振で攻守交代。直後に駄目押しの6点目を許すと、九回は三者凡退に終わり、開幕から2連敗となった。東大は次戦、8月13日の第2試合で早稲田大学と対戦する。

 

八回には井上慶選手が今季初安打となる適時打で1点を返す(撮影・中野快紀)

 

(小田泰成)

 

TOPに戻る