COLUMN 2019年11月21日

Campus Guy 永野創斗(ながの・そうと)さん(文Ⅲ・2年)

 

人を喜ばせたくて

 

 高校の文化祭で実行委員長とクラス劇の監督を務めて文化祭の魅力に取りつかれた。大学では最初から駒場祭委員会委員長を目指し、真剣に活動に打ち込んできた。

 

 委員長として臨む今回の駒場祭で一番心を配るのは、委員会内の人間関係のバランス。多種多様な人が思いをぶつける場だからこそ全体を調和するのが難しい。「皆が笑顔で終えられることが一番だと心から思います」

 

 去年の駒場祭の一番の思い出は、こまっけろ(駒場祭公式マスコット)のイベントで司会を務めた時。「小さい子がこまっけろに誕生日プレゼントを持ってきたのに感動しました。自分の頑張りで人を喜ばせたと実感しました」と目を輝かせる。

 

 人との関わりが好きな性格を生かし、将来は国連機関やNPOで世界中の人々の役に立ちたいという。人を喜ばせるのが大好きな永野さんの2年間の集大成に期待だ。


この記事は2019年11月12日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

インタビュー:人と違う視点を見つける 人気著作家が語る学生時代と仕事論 能町みね子さん
ニュース:佐々木元総長らが受章 文化勲章 紫綬褒章には4人
ニュース:ウナギ激減要因に殺虫剤の可能性
企画:〜五感で楽しめ〜 編集部が選んだおすすめ企画
企画:東大ガールズハッカソン2019 「×(掛ける・組み合わせる・multiply)」をテーマに開発
企画:輝く10人の東大生 栄冠は誰の手に ミス&ミスター東大コンテスト 駒場祭3日目開票
企画:駒場祭が見た70年 伝統ある学園祭の歴史を振り返る
企画:駒場Ⅰキャンパスマップ
キャンパスガイ:永野創斗さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年06月04日

【日本というキャンパスで】劉妍② 区の行政文書に留学生の視点

INTERVIEW / FEATURE 2018年08月21日

【東大2019②】もっちゃん×水上颯 現役東大生のぶっちゃけウラ話

COLUMN 2019年11月12日

Campus Guy 板垣大稀(いたがき・だいき)さん(工・3年)

NEWS 2020年02月10日

オリエンテーション委員会 女子学生入会制限サークルを規制

COLUMN 2017年04月22日

東大新入生アンケート2017② 支持政党は自民36%、民進3.4% 無支持は4%減

TOPに戻る