キャンパスライフ

2021年9月14日

【キャンパスのひと】和製エジソンここに在り 濱崎拓さん(理Ⅰ・2年)

電子工作やプログラミング以外にも多彩な趣味を持つ(写真は濱崎さん提供)

 

 機械好きは祖父の影響。「5歳の時にラジオを改造したおもちゃをくれて興味を持ちました」。小学校低学年で電子工作を始め、高学年では電子回路やプログラミングを独学した。

 

 中学生になると株を始め、毎日株価チャートを見るためパソコンに張り付いていたが「機械に任せれば楽なんちゃうん?」と思い、プログラムを組んだ。結果は勝率50%。「運に任せるのと変わりませんでした」と笑顔で振り返る。ものづくりへの興味も衰えることを知らず、中3では3Dプリンターを、高1ではドローンを自作。「文化祭で3Dプリンターを展示し、それで作ったものを来場者に配りました。好評だったんですよ」

 

 好きが募り昨年、第二種電気工事士の資格を取得。何ができるんですか、と尋ねると「屋内配線ができます」と満足気な表情。「将来はものづくり関連の仕事に就くことは間違いないです」。エジソンのような発明家になってくださいね。【楓】

TOPに戻る