キャンパスライフ

キャンパスライフ

2014年06月12日

【紙面より】東大生のイギリス大学院留学について

修士前の「準備コース」も イギリスの大学院の特徴について、ブリティッシュ・カウンシルのトム・メイーズさんは「多くの『講義主体の修士号』を1年で取得できることを魅力と捉える人が多いです」と語る。その分、講義の単位取得や学位論文提出を短い期間で集中的にこなす必要があるが、金銭的・時間的な節約になる。国際性においては、「学生の半数以上が外国籍」と比率はアメリカ以上。教授も約25%が外国籍だ。議論中心の講
1 45 46 47 48 49 50 51 52

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る