LATEST NEWS 2020年5月4日

中央食堂 3月の利用者は前年比3割減

 東京大学消費生活協同組合(東大生協)は23日、東京大学新聞社の取材に、3月の中央食堂の利用者が前年同月比で29.0%減少したと答えた。昨年3月は57697人が利用したのに対し、今年3月は40858人にとどまったという。駒場食堂部1階「カフェテリア若葉」では、昨年3月の利用者が23734人だったのに対し、今年3月は15553人と、前年同月比で34.4%減少した。

 

 食堂以外の事業にも、新型コロナウイルス感染拡大の影響が及んでいる。担当者は大きな影響があったものとして、19年度卒業生や20年度新入生への対応を挙げた。特に新入生については、クラスの「オリ合宿」が中止となったため、バスや旅館の予約キャンセルを無料で受け付けたという。

 

 今回の取材で、4月10日から順次開始された駒場書籍部による教科書通信販売が、教養学部からの要望を受けた対応だったことも判明した。20日からは本郷書籍部でも通信販売が始まっている。ただし本の抜き取りや配送はやむを得ず教科書販売所で実施する必要があるため、出勤社員数を絞り、交代勤務をしながら業務を継続しているという。

 

 東大生協は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東大本部とも調整しながら段階的に一部店舗の休業など営業規模縮小の措置を取っていたが、18日からは全店休業に入っている。8日には既に「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京大学の活動制限指針」がレベル3(研究活動の原則中止など)に引き上げられていた。引き上げと同時に全店休業としなかったのは、研究をはじめとする業務を維持しながら出勤・通学を制限していくことに一定の時間を要すると思われたためだとした。


この記事は2020年4月28日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:始まらない「大学生活」 帰省する・しない 分かれる学生の対応
ニュース:東大関係者5人が選出 日本学士院賞 エジンバラ公賞は北名誉教授
ニュース:東大基金 新型コロナ緊急対策基金が寄付募集開始
ニュース:家計が急変した世帯 授業料減免の対象に
ニュース:大学からの情報「十分でない」が過半数 学内英字メディアが英語話者にアンケート実施
ニュース:文部科学大臣表彰 東大所属者44人受賞
ニュース:中央食堂 3月の利用者は前年比3割減
ニュース:文化庁 オンライン授業の円滑化へ新制度施行
ニュース:ニュートリノのCP位相角を大きく制限
企画:オーディオブックが広げる世界 全ての人に快適な読書を提供
コラム:100年前の事例に学ぶ 健康保ち今できることを
知のrecipe:新ジャガのゴロトロ煮
100行で名著:『5万4千円でアジア大横断』下川裕治著
キャンパスのひと:大木有容さん(文Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2019年11月08日

個人、企業、社会全体が取り組みを 女性の健康問題への向き合い方

COLUMN 2017年03月27日

訪問してもわからない? 研究室のオモテウラ【調査報道:ブラックラボとは何か③】

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球①】投打かみ合い法政との開幕戦に快勝

COLUMN 2017年02月28日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見た中国語の姿

COLUMN 2019年11月01日

【地域の顔 本郷編】わだつみのこえ記念館 戦没学生の声を伝える

TOPに戻る