LATEST NEWS 2019年2月15日

19年度東大前期入試 全科類で第1段階選抜 志願者192人減少

 東大は13日、大学入試センター試験の結果に基づく2019年度入学試験(前期日程)第1段階選抜結果を発表した。全科類での第1段階選抜実施は3年連続で、全体の志願者数は9483人で昨年度から192人減少した。2次試験は25~27日(27日は理Ⅲのみ)に行われ、3月10日に合格者が発表される。

 

 

 志願者数は昨年度と比べ、文Ⅰで84人と大幅な増加を見たが、その他全ての科類で減少。特に理Ⅰ、理Ⅱはそれぞれ77人、93人と大幅に減少した。理Ⅲは、予告倍率が4倍から3.5倍に下がった影響もあってか、18年度比で0.46ポイント減の4.18倍。他の科類では大きな変動はなかった。

 

 合格者最低点は、文Ⅰで昨年度比46点増と大きく上昇した他は、プラスマイナス25点程度の上下にとどまった。全体の最低点は文Ⅰの628点、最高点は理Ⅲの888点だった。合格者平均点は、理Ⅰを除く全ての科類で昨年度から増加。特に文Ⅱでは13.28点と大幅な上昇を見せた。合格者平均点が最も低いのは昨年度から引き続き文Ⅰで、最も高いのは昨年度の理Ⅰに代わり理Ⅲとなった。

 

 同日の会見で東大は、文部科学省が公表した入学者選抜実施要項にも言及。要項に追加された解答公表を原則とする方針について、福田裕穂理事・副学長(入試担当)は「学内で議論をしている最中。解答を公表するかどうかは近いうちに発表する」とした。

 

2019年6月7日17:15【記事訂正】タイトルを「19年度東大前期入試」とすべきところを「18年度東大前期入試」としてしまっていました。お詫びして訂正いたします。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年02月01日

東大受験本番の思い出③ 散々だった受験本番。そんな僕でも受かる

COLUMN 2018年01月11日

【受験生応援2018】現役東大生は試験本番に向けてどう体調管理をしたの?

EVENT 2018年11月21日

『ドラゴン桜2』制作メンバーが駒場祭で受験生にエール 座談会と個人講演を開催

COLUMN 2015年01月31日

受験生応援! 君が通う街 東京案内 その③上野

NEWS 2017年11月22日

18年度入試募集要項発表 TLPに韓国朝鮮語 理Ⅲは出願時に志望理由書提出

TOPに戻る