ニュース

2021年5月24日

【東京六大学野球】法大1回戦 一時リードも後半に大量失点

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月22日、法政大学とリーグ戦1回戦を戦い、2ー10で敗れた。東大は一時2ー1でリードするも七回裏に逆転を許す。その後八回裏には満塁本塁打を決められるなど7得点を奪われ、8点差で敗北を喫した。

 

東大| 0 0 0 1 1 0 0 0 0 | 2

法大| 1 0 0 0 0 0 2 7 X |10

 

 先発の井澤駿介投手(農・3年)は一回裏、法大の先頭打者から本塁打を浴び、1失点。一方東大の攻撃は一回から三回まで三者凡退で、無得点に終わる。

 

 流れが変わったのは四回表、左安打で出塁した大音周平選手(理・4年)が盗塁を決めてから。4番井上慶秀選手(育・4年)が左適時打を放ち大音選手がホームイン。さらに五回表、安田拓光選手(育・4年)が二塁打を放った後、代走の隈部敢選手(文・4年)が盗塁を決め、松岡泰希選手(育・3年)の適時打で逆転にも成功する。

 

四回表、試合を振り出しに戻した大音選手のホームイン(撮影・黒田光太郎)
井澤投手は二回から六回まで無失点の好投(撮影・黒田光太郎)

 

 その後、東大は井澤投手の好投が続き、二回から六回まで無得点に抑えるも、七回には2得点で逆転を許し、さらに八回には代わった小宗創投手(育・4年)が満塁本塁打を浴びる。この回一挙7得点を奪われ、その後巻き返しを図れなかった東大。途中までリードする展開だっただけに、後半の大量失点が悔やまれる試合となった。

(黒田光太郎)

hidari_handle

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る