SPORTS 2019年9月30日

【部員が見る東大軟式野球2019秋⑧】四死球、失策が絡み立教大に完封負け

軟式野球部秋季リーグ第8戦vs立教大学(9月20日)

 

立大 0 0 1 0 0 0 1 0 3 | 5

東大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

 

 ここまで2勝5敗と、負け越し三つとして迎えた秋季リーグ第8戦の対立教大学戦。勝率5割に向けて大事な1戦となったこの試合、東大は先発として木村(理Ⅱ・1年)を送り出す。木村は前回の立教大学戦でも見事な投球を見せている。

 

 三回表、早くも試合が動く。東大は先頭打者を二塁打で出塁を許すと、犠打、中前安打を許し、1点を先制される苦しい展開となる。すぐに反撃したい東大は、相手先発佐々木の前になかなか得点することができないが、堅実な守りと木村の粘り強い投球で相手に得点を許さない。

 

 しかし七回表、東大は先頭打者から3連打を許し、痛い2点目を奪われる。

 

怪我から復帰後、中継ぎとして好投を続ける田中(理Ⅰ・2年)(写真は軟式野球部提供)

 

 その後九回表には四死球や安打、失策などが重なり、さらに3点の追加点を許してしまう。その後の打者を打ち取り、九回裏の攻撃で反撃をしたい東大であったが、相手投手を攻略することができず、そのまま試合終了となった。

 

 これで通算成績2勝6敗となった東大。前の試合で勝利をおさめ、勢いに乗りたい中で痛い敗戦となった。しかし、今リーグで引退する部員や普段東大を応援し勝利を願ってくれている方々のためにも、このまま終わるわけにはいかない。1戦ずつ勝利を積み重ねていくことで、巻き返しを図っていきたい。

 

この日お越しいただいた応援部の方々との集合写真(写真は軟式野球部提供)

 

文責:軟式野球部 齊藤弘樹(文Ⅲ・2年)

【部員が見る東大軟式野球2019秋】

開幕戦、春季覇者の明治大に惜敗

打撃振るわず法政大に完封負け

失策絡み慶應大に2-3で敗れる 開幕3連敗

11回裏ホームラン浴びサヨナラ負け 1勝遠く

早大に勝利し連敗抜け出す

投手陣好投も打撃振るわず法政大にサヨナラ負け

先制許すも慶應大に6-2で逆転勝ち

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2015年03月02日

東大生の65%が習っていた習い事とは?

SPORTS 2016年07月07日

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位

SPORTS 2019年09月21日

フェンシング 全日本選手権に西沢選手が出場 東大生個人の出場は4年ぶり

SPORTS 2016年12月28日

【東大2016総決算⑤:七大戦】歴代最高得点で優勝

SPORTS 2016年10月17日

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

TOPに戻る