SPORTS 2019年9月19日

【部員が見る東大軟式野球2019秋⑥】投手陣好投も打撃振るわず法政大にサヨナラ負け

軟式野球部秋季リーグ第6戦vs法政大学(9月13日)

 

東大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 | 1

法大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1× | 2

 

 第5戦で開幕から続いていた連敗をついに止め、1勝4敗で迎えた秋季リーグ戦第6戦。東大は連勝を目指すべく、今リーグ好投を続けている1年の木村(理Ⅱ・1年)をマウンドに送った。

 

7回1失点の好投を見せた木村(理Ⅱ・1年)(写真は軟式野球部提供)

 

 試合は静かな立ち上がりを見せる。東大は一回に好機を迎えるが相手先発投手の前に得点はできず。東大先発の木村もいい立ち上がりを見せ、互いに得点することなく三回を終える。すると四回、第5戦でも本塁打を放った好調の先頭川野輪(理Ⅰ・2年)が2試合連続となる本塁打を放ち、東大が先制に成功する。しかし五回、相手の攻撃では一死後に失策で出塁を許すと、四球と安打で満塁となり、三番打者の内野ゴロで三塁走者が生還。同点を許す。その後の木村は出塁を許すものの得点を許さず、八回に一塁から救援した吉川(工・3年)も安定した投球で九回まで得点を許さない。しかし一方の東大も、四回以降は打線が沈黙。時折二死からの出塁があるものの得点には結びつかず、今季2度目の延長戦となる。

 

2試合連続の本塁打を放った川野輪(右上)(理Ⅰ・2年)(写真は軟式野球部提供)

 

 十回表、ここまで力投を続けてきた相手先発が制球を乱し、一死一、二塁の好機を迎えるが、この千載一遇の好機を活かすことはできず。するとその裏、代打の相手先頭打者が二塁打を放つと、内野ゴロで一死三塁となり、相手七番打者の放った打球はボテボテの内野ゴロ。二塁手静間(育・3年)が取って本塁を向くも、走者生還を許し、万事休す。今季2度目のサヨナラ負けを喫した。

 

 これで1勝5敗となり、優勝および上位大会進出は極めて厳しい状況となってしまった。しかし残り試合も、一戦一戦しっかりと戦っていき、一つでも多く勝利を掴みたい。

 

文責:軟式野球部 水田悠生(文Ⅰ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2019年01月02日

近藤選手、東大から14年ぶりの箱根路出走 区間22位相当で2区に襷つなぐ 第95回箱根駅伝

SPORTS 2017年06月24日

東大アメフト 防衛大に24-20で逆転勝利 今季オープン戦最終戦で初白星

NEWS 2016年06月10日

東大から12年ぶりベストナイン 硬式野球部・桐生選手「まさか自分が取れるとは」

SPORTS 2015年06月04日

硬式野球、勝利までの苦難の歴史 昨年秋から光明見える

SPORTS 2019年11月10日

ラクロス男子 決勝戦で早大に敗れ準優勝 2年連続で完敗喫する

TOPに戻る