LATEST NEWS 2019年9月4日

勘と経験に頼らず選別 単結晶試料構造解析 高精度に事前評価

 星野学研究員(理化学研究所)、中西義典助教(総合文化研究科)らは、単結晶試料の構造解析の結果を事前に評価する技術を開発した。解析作業の効率や精度の向上が期待される。成果は8月22日付の英科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』(電子版)に掲載された。

 

 研究の場では、分子や物質の性質を評価、理解するために単結晶構造解析という測定法が用いられる。この解析には数時間から数日かけた計測を要するため、数分の予備計測をして研究の目的にふさわしい結果が見込まれる試料の選別や計測条件の設定を行うことが多かった。しかし、試料の選別や計測条件の設定は研究者の「勘と経験」を頼りに行われ、「勘を外し」たり、未熟練であったりした場合、計測を繰り返す必要があり低効率だった。

 

 星野研究員らは、事柄の原因を観測された結果から推定するベイズ推論という統計解析法に着目。予備計測で得られるデータから被験試料の結晶構造を推定する技術を開発した。実際に、この技術を異なる溶媒分子を含む2種類の結晶に適用。従来はデータ測定と単結晶構造解析を経なければ判別できなかった溶媒分子の違いを単結晶構造解析の前に確認することに成功した。試料の選別や計測条件の設定を未熟練の研究者でも効率良く行えるだけでなく、これらの作業をコンピューターに置き換える技術への発展が期待される。


この記事は9月3日発行号からの転載です。本紙では他にもオリジナル記事を公開しています。

ニュース:知と人材の集積を生かす Society5.0実現に向けた東大の取り組み
ニュース:3点差逆転し辛勝 ラクロス男子武蔵大戦 守備の連携は修正途上
ニュース:勘と経験に頼らず選別 単結晶試料構造解析 高精度に事前評価
ニュース:細胞内へのリン脂質輸送機構解明 ニュース:飢餓を学習・回避する機構発見
ニュース:東大と日本IBM 文理融合の共同研究設立
企画:総合図書館が残す「歴史」とは 『サーギル博士と歩く東大キャンパス』拡大版
企画:昆虫食を始めよう 記者が実食、レシピも紹介
火ようミュージアム:奈良大和四寺のみほとけ
サークルペロリ:東京大学運動会相撲部
キャンパスガイ:武田直樹さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2018年08月11日

世界一低ノイズのトランジスタを作製 渡邉峻一郎特任准教授ら

COLUMN 2019年11月01日

【東大教員と考える日本の問題②】日本社会と外国人「違い」前提に移民と共存

NEWS 2019年11月28日

温帯低気圧の雨量は気温で決定 温暖化に伴う雨量増加を予測

COLUMN 2017年10月06日

「初音ミク」10周年 知れば知るほど奥深いボカロの世界

NEWS 2018年10月19日

THE世界大学ランキング 総合42位に上昇教育・研究で高評価

TOPに戻る