SPORTS 2015年10月10日

東大硬式野球 明大との1回戦、1-2で惜敗

硬式野球部(東京六大学野球)は10日、明治大学との1回戦を戦い、1-2で敗れた。東大は初回に本塁打で先制するも、その後得点できず逆転負けを喫した。

初回、山田選手がライトスタンドに先制本塁打を放つ
初回、山田選手がライトスタンドに先制本塁打を放つ

 

東大|100000000|1

明大|00010010X|2

 

東大は初回、2死から山田大成選手(文Ⅲ・2年)がライトスタンドに本塁打を放ち先制。先発の宮台康平投手(文Ⅰ・2年)は三回まで無失点に抑えるが、四回に内野安打と四球に失策が絡み無死満塁とされると、併殺の間に1点を失い追い付かれる。その後も制球に苦しみ計7四球を与えながら、粘って6回1失点(自責点0)でマウンドを降りる。同点で迎えた七回、代わった柴田叡宙投手(理Ⅰ・2年)が先頭の高山俊選手に三塁打を浴びると、1死一三塁から犠飛で失点。これが決勝点となり、東大は1点差で惜敗した。なお、高山選手はこの一本がリーグ通算128本目の安打となり、東京六大学野球の通算安打数の新記録を達成した。

 

(文・竹内暉英)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年08月10日

【ハーバードクリムゾン翻訳企画①】ハーバードの新入生アンケート

SPORTS 2016年10月22日

硬式野球 13残塁の拙攻で今季4度目の完封負け 法大との初戦を落とす

INTERVIEW / FEATURE 2017年03月21日

元日本代表・岩政選手がア式蹴球部の新コーチに就任

SPORTS 2016年05月24日

ホッケー男子、慶大に0-2で敗北 3試合で未だ得点なし

COLUMN 2014年04月24日

【サークル奮闘記】最後の年こそ輝きたい。輝かなければならない。 東京大学WARRIORS

TOPに戻る