SPORTS 2015年11月28日

東大アメフト 最終戦に完勝し、4位で今季終了

 アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は11月28日、秋季リーグ第7節を一橋大学とアミノバイタルフィールドで戦い、27―0で完勝した。東大は0-0で迎えた後半に宮崎航平選手(経・4年)のタッチダウン(TD)で先制すると、守備陣が一橋大を無得点に封じ込めた。全7試合を終えて東大は4勝3敗の4位となり、1部下位リーグ「BIG8」残留を決めた。

 

東 大|00720|27

一橋大|0000|0

 

 両者無得点で迎えた第3クオーター(Q)初め、東大は宮山賢済選手(農・3年)のランで前進を続けると、ゴールまで2ヤードでの攻撃で宮崎選手が守備陣の上を飛び越えてTDを奪い、均衡を破る。その後は宮崎選手が止まらず敵陣に迫り続け、第4Qに20得点。守備陣は試合を通じて一橋大の前進を112ヤードに抑え込み、完勝で1部リーグ残留を決めた。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2015年05月05日

「来年こそは」で終わらせない 〜東商戦勝利の先に見据える、日本一という目標〜

COLUMN 2019年11月21日

【駒場祭2019ミス&ミスター東大コンテスト】⑤中澤莉佳子(なかざわ・りかこ)さん(工・3年)

INTERVIEW / PROFESSOR 2020年03月29日

「ジェンダーは女性だけでなく男性の問題だ」政治と教育から考える日本のジェンダーの課題 前田健太郎准教授インタビュー

NEWS 2019年04月13日

東大で平成最後の入学式 上野千鶴子名誉教授、学内の性差別を批判

SPORTS 2016年05月27日

【部員が見る軟式野球⑧】流れに乗り切れず立教に敗れ4連敗

TOPに戻る