LATEST NEWS 2018年5月31日

関東学生アメフト連盟 日大に今季出場資格停止処分

 関東学生アメリカンフットボール連盟(KCFA)は5月29日、日本大学(関東学生1部リーグTOP8)の2018年シーズン終了までの公式試合の出場資格停止処分を発表した。日大選手の、5月6日の対関西学院大学(関西学生1部リーグ)戦での悪質な反則行為を受けたもの。出場資格停止となったチームは、リーグ戦では全試合不戦敗となり、リーグは自動降格となる。ただし、日大がチームとしての原因究明と実効性のある再発防止策、チーム改革を策定・実施し、KCFAの理事会から十分な改善がなされたと認められた場合、2018年度中でも出場資格停止は解除される。

 

記者会見で処分を発表するKCFA幹部

 

 関東学生1部リーグBIG8所属の東大は5月14日、「指導者を含めての正式な処分や再発防止策が講じられていない」として、6月9日に予定されていた日大とのオープン戦中止を発表した。その後5月18日までに、春季オープン戦で日大と対戦する全てのチームが試合の中止を発表していた。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年11月01日

東大アメフト ミスから逆転負けし、TOP8昇格可能性が消滅

SPORTS 2015年11月15日

東大アメフト 最下位チームに後味悪い辛勝

SPORTS 2015年11月28日

東大アメフト 最終戦に完勝し、4位で今季終了

SPORTS 2015年01月07日

東大アメフト 1部下位リーグBIG8に残留

SPORTS 2016年12月17日

アメフト、日体大に敗れTOP8昇格逃す 勇退の竹之下監督「トータルで力負け」

TOPに戻る