EVENT 2019年4月11日

第3回Asprovaプログラミングコンテスト 利益最大化スケーリング問題に挑戦

 

 マラソン型プログラミングコンテストにチャレンジしてみたい人にお勧めしたくなる、最適化問題関連のコンテストである。今回のコンテストは第1、2回のプログラミングコンテストに基づき、引き続きAtCoderで開催し、使用できる言語はC++、C#、Python3、Java8になる。上位4位の人に対して順番に16万円、8万円、4万円、2万円の賞金が与えられ、5位から10位までには1万円の賞金が与えられる。表彰式で多数の上位プログラマーとの交流ができ、成績優秀者はコンテストを主催するAsprovaのアルバイト採用(時給2500円~)で優遇される。興味がある方はゴールデンウイーク中にぜひチャレンジしてみよう。

 

当コンテストの問題と、実社会問題との関係

 

 常に最大の生産性を求められている工場では、設備、金型、作業員などの「資源」を最大限に利用する必要がある。工場の生産能力はこの資源に依存するが、 設備や金型を増強したり、作業員に残業をしてもらったり、他の持ち場の作業員から応援に来てもらったりして、生産能力を調整することができる。しかし、各オーダーの納期を確実に守るため、どの工程にどの資源を追加すれば納期遅れを解消できるかを判断するだけでも難しい。能力の追加コストを考慮しながら利益を最大化するスケジュールを作成することはさらに難しい問題である。 現実世界ではさらに多くの複雑な要素が絡んでいるので、この問題をコンピュータでうまく解くことができれば、全世界の製造業の利益と顧客満足度の向上に貢献することが期待できる。

 

 以下はプロコンの概要である。

 

問題・申し込み:https://atcoder.jp/contests/asprocon3

 

イベント概要

参加登録期間:2019年3月26日~2019年5月10日

コンテスト開催期間:2019年4月26日~2019年5月10日

表彰式:2019年5月17日(金) 17:00から

場所 〒141-0031 品川区西五反田7-9-2 KDX五反田ビル3F アスプローバ株式会社(JR五反田駅徒歩6分)

主催 アスプローバ株式会社(www.asprova.jp

 

寄稿=工学系研究科修士2年 エン・シキ

2019年4月16日14:35【記事修正】イベント概要の場所を修正しました。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2019年07月16日

TeaTime Tech Lab. 2019開催 情報系分野に興味を持ってもらうために

INTERVIEW / FEATURE 2015年07月04日

エリートは発想力と創造性を鍛えよ。くぼたつさんインタビュー1

NEWS 2016年06月09日

人工知能学教育推進のための寄付講座を設置

INTERVIEW / FEATURE 2014年12月23日

東大生には、リフティング上手ではなく泥臭くシュートを打ってほしい LINE森川社長

EVENT 2016年10月17日

日本最大級の学生向けハッカソンJPHACKS 2016開催決定

TOPに戻る