SPORTS 2016年6月9日

硬式野球部 宮台・田口選手が大学日本代表の候補入り

 全日本大学野球連盟は6月2日、日米大学野球選手権大会の候補39人を発表し、東大から宮台康平投手(法・3年)、田口耕蔵選手(育・3年)の2人が選出された。代表に入れば、東大では『NHKニュースウォッチ9』元キャスターの大越健介さん以来33年ぶりとなる。

 

宮台投手の好投も空しく敗れた(撮影・竹内暉英)
シーズンを通して安定した投球を続けた宮台投手(撮影・竹内暉英)

 宮台投手は今季、主に1回戦の先発として6試合に登板。初戦の早稲田大学戦では、サヨナラ負けを喫したものの東大新記録となる13奪三振をマークした。立教大学戦で東大の投手としては2005年以来の完封勝利を挙げるなど、安定した投球が光り今季2勝を達成。4試合で完投し、リーグ4位の防御率2.05、同5位の39奪三振を記録した。

 

けがから復帰した4番の一振りで勝ち越しに成功した(撮影・関根隆朗)
法政大学との1回戦(5月21日)で決勝打を放つなど、勝負強い打撃が光った田口選手(撮影・関根隆朗)

 田口選手は今季から一塁手の座を勝ち取ると、長打力を買われて主に4番・5番として出場。好機で勝負強さを発揮し、チームトップの9打点を挙げた。打率もリーグ10位の3割1分7厘をマークした。

 日米大学野球選手権大会は7月12~17日に開催され、新潟県・東京都・静岡県の球場で合計5試合が行われる。代表候補に選出された選手は6月17~19日の選考合宿に参加し、最終的には24人が代表入りする。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年01月19日

アメフト部、新体制へ 来季の昇格目指す

SPORTS 2014年10月22日

東大軟式野球、東日本大会出場ならず

COLUMN 2016年08月06日

【東大ラグビー部寄稿】リオ五輪「7人制ラグビー」の見どころ

COLUMN 2016年10月08日

【2016年9月アクセスランキング】1位は進学選択 七大戦、秋のスポーツにも注目

SPORTS 2018年04月22日

硬式野球 先発の小林投手好投も打線が援護できず明大に連敗

TOPに戻る