SPORTS 2016年9月12日

硬式野球部、明大に連敗 1年生・小林投手162球の力投実らず八回に逆転許す

東京六大学野球初登板の先発・小林投手が八回途中まで力投を披露した(撮影・佐方奏夜子)
東京六大学野球初登板の先発・小林投手が八回途中まで力投を披露した(撮影・佐方奏夜子)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月11日、明治大学との2回戦を戦い、4―7で敗れた。主将・山本克志選手(工・4年)の本塁打や敵失などで一時は逆転し、投げてはリーグ戦初登板の先発・小林大雅投手(文Ⅱ・1年)が七回まで3点に抑えていたが、八回に逆転を許し力尽きた。春季リーグで2勝を挙げたエースの宮台康平投手(法・3年)は調整のため明大戦には登板しなかった。

 

明大|030000040|7

東大|000130000|4

 

 先発の小林投手は自身初登板。初回を無失点に切り抜けるも、二回に四球と3連打で3点を失う。その後も毎回ランナーを出してピンチを招いたが、上位打線をほぼ完璧に抑え、要所を締めるピッチングで追加点を与えず反撃を待つ。

 

 力投する新人を援護したい打線は三回まで明大の先発投手にパーフェクトピッチングを許すが、四回に2番の山本克志選手が初球を右翼スタンドに運び今季初本塁打、1点を返す。さらに五回には1死満塁のチャンスを作り敵失で同点に追い付くと、なおも2死一、二塁から再び山本克志選手の適時打でついに勝ち越しに成功する。

 

四回、山本克志選手は右越えに本塁打を放ち反撃ののろしを上げる(撮影・佐方奏夜子)
四回、山本克志選手は右越えに本塁打を放ち反撃ののろしを上げる(撮影・佐方奏夜子)

 リードをもらった小林投手は、七回までに140球を超える投球ながら走者を返さない粘りの投球でリードを守る。しかし続投した八回、明大の3・4番打者に右の代打が送られると連打を許し同点に追い付かれる。ここでリリーフを託された山本俊投手(工・4年)は次打者に左翼ポール際へ運ばれ、ファウルかと思われた打球の判定は本塁打。浜田一志監督の抗議も実らず、3点の勝ち越しを許してしまう。

 

 山本俊投手は後続を抑えるも、打線は六回以降散発の2安打で得点できない。九回2死にはエースの宮台投手を代打に送るも、打ち取られてゲームセット。4-7で今季初勝利とはならなかった。

 

 新人の小林投手は、4イニングで先頭打者に四球を与え出塁させるなど、計9個の四球を与えてしまい制球に課題が見られたが、130キロ台の直球に変化球を取り混ぜた緩急あるピッチングを披露。初登板ながら八回途中まで162球を投げるなど今後につながる投球を見せた。八回に明大の右打者に連打を浴びて同点を許した場面など右打者に痛打を浴びる機会が多かったため、今後は制球力を含め右打者への投球を磨くことでさらなる活躍が期待できるだろう。

 

(文・田辺達也)

 

 【関連記事】

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年08月09日

【東大Doo-Upトライアスロンチーム寄稿】リオ五輪「トライアスロン」の見どころ

NEWS 2016年10月22日

【部員が見る軟式野球⑦】明大にノーヒットノーラン喫す 東日本大会出場の可能性が消滅

COLUMN 2015年05月05日

「来年こそは」で終わらせない 〜東商戦勝利の先に見据える、日本一という目標〜

COLUMN 2016年08月04日

【東大ハンドボール部寄稿】リオ五輪「ハンドボール」の見どころ

SPORTS 2016年05月16日

アメフト部 2部所属の東工大にまさかの苦杯

TOPに戻る