SPORTS 2016年10月22日

硬式野球 13残塁の拙攻で今季4度目の完封負け 法大との初戦を落とす

二回無死一塁で送りバントに失敗しベンチに戻る喜入選手(撮影・関根隆朗)
二回無死一塁で送りバントに失敗しベンチに戻る喜入選手(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月22日、法政大学との1回戦を戦い、0―8で敗れた。東大は四回を除いて毎回走者を出しながらあと一本が出ず無得点に抑えられ、投手陣は五回以降毎回失点を喫するなど投打に精彩を欠いた。最終節となったこのカードで東大は勝ち点を取れば1997年以来の最下位脱出となるが、後がなくなった。両軍は明日23日午前11時から2回戦を戦う。

 

東大|000000000|0

法大|10201121X|8

 

 先発の小林大雅投手(文Ⅱ・1年)は初回、1死から2本の長打で先制を許す。なおも2死三塁で左中間に鋭い打球を打たれるも、中堅手の下雅意拓哉選手(農・4年)がスライディングしながら好捕し、この回は1失点でしのぐ。しかし三回、2死三塁で左翼手の楠田創選手(育・3年)が打球判断を誤り、打ち取った当たりが二塁打に。次の打者にもフェンス直撃の二塁打を浴び、点差は3点に広がる。

 

 打線は二回に先頭の楠田選手が四球で出塁するも、喜入友浩選手(育・4年)が送りバントに失敗し走者を生かせない。その後も、試合開始前まで防御率7点台の相手右腕から四回を除いて毎回出塁しながら、無死からの出塁は二回と八回の2度にとどまるなど先頭打者が封じられ、波に乗れない。東大が五~八回に計9走者を出しながら1点も取れない間、逆に相手打線は先頭打者の出塁を効果的に得点につなげ五回以降は毎回得点。結局、東大は13残塁の拙攻で今季4度目の完封負けを喫した。

 

(文・竹内暉英)

 

2016年10月28日 15:00 【記事修正】 下雅意選手の所属を「農・4年」に修正しました。

 

 【関連記事】

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

硬式野球部、明大に連敗 1年生・小林投手162球の力投実らず八回に逆転許す

硬式野球部 慶大・加藤投手にノーヒットノーラン喫し0-8で大敗

硬式野球部 今季最多6得点も九回に4失点し逆転負け

硬式野球、2点先制も四死球・失策で自滅 早大との初戦を落とす

硬式野球、開幕6連敗 初登板1年生左腕が初回に3失点

硬式野球、延長制し今季初勝利 十回に桐生選手が勝ち越し打

硬式野球 3点差追い付くも終盤に失点し敗北 14年ぶり勝ち点かけ明日3回戦

硬式野球 三木投手が好投も打線振るわず完封負け 勝ち点取れず次節が最終節

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年01月26日

アメフト オールスター戦 東大から7人が参加

SPORTS 2017年02月24日

データで読み解く東大のドラフト候補・宮台の現在地

SPORTS 2016年04月24日

アメフト部 2016年度開幕戦で学習院大に31―7で勝利

SPORTS 2016年04月18日

硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

SPORTS 2016年10月07日

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

TOPに戻る