SPORTS 2019年12月25日

【東大スポーツ2019総括】アメフト 「勝ち切り方」を最終戦で体現

 

 昨季、関東学生1部下位BIG8を制し、同上位TOP8に昇格したアメリカンフットボール部。今季は不戦勝1勝を含む2勝5敗でTOP8残留を決めた。

 

 「優勝争いに絡む」という高い目標を掲げた今季。昨季TOP8を制した早稲田大学との初戦では、地道なプレーで食らい付き、TOP8の一員にふさわしい善戦を見せる。しかし、初勝利までが長かった。

 

 第2戦以降も善戦こそすれ、勝負どころで踏ん張り切れない。第4戦では今季初めてリードを奪うも、直後に逆転されると好機を何度も逃し敗北。試合後、関剛夢主将(工・4年)は「食らい付くことと勝ち切ることとの差を埋められていない」と語った。

 

 勝ち切るためには何が必要なのか。それを体現したのが日本体育大学との最終戦だった。序盤、持ち味のフィジカルを生かしたランで一気に先制点を奪う。中盤に攻め込まれると、攻撃のパターンを読み切り相手を封じた。「全員が気持ちを切らさなかったおかげで勝てた」と関主将が語る通り、心・技・体全てがそろい、TOP8初勝利につながった。主力が多く抜ける来季、勝ち切り方を肌で感じた下級生が、優勝争いに絡めるかどうか注目だ。

(小田泰成)

 


この記事は2019年12月17日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

インタビュー:選抜原理に多様性を 性差別のない東大へ 進むべき道は 上野千鶴子名誉教授
ニュース:孫正義氏とジャック・マー氏が対談 東京フォーラム2019
ニュース:情報理工系に新組織 産学連携・院生支援強化へ
企画:2019年の東大を総ざらい
企画:2019年東京大学新聞 ニュースインデックス
企画:一人一人が危機認識・対策を 「異常気象」の実態と現在の対策を聞く
企画:本郷でうまいもん食うなら 本郷飲食店6選
企画:東大スポーツ2019総括
赤門恋愛相談室
東大新聞オンラインPICK UP:年末総集編
キャンパスガイ:田村旭さん(文Ⅰ・1年)
編集後記

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年04月21日

硬式野球 先発・宮本投手が攻略され三回途中7失点KO 先制点奪うも2―9で敗れる

SPORTS 2016年05月21日

硬式野球部、宮台投手の粘投で法大に勝利 12年ぶりのシーズン3勝目

SPORTS 2017年01月19日

アメフト部、新体制へ 来季の昇格目指す

SPORTS 2015年07月11日

東大アメフト 防衛大に白星でオープン戦閉幕

NEWS 2016年06月10日

東大から12年ぶりベストナイン 硬式野球部・桐生選手「まさか自分が取れるとは」

TOPに戻る