LATEST NEWS 2020年4月24日

量子計算高速化へ 高性能量子光源開発

 NTTと東大は3月30日、汎用光量子コンピューターチップ開発に必須の高性能な量子光源を開発したと発表した。高速な量子コンピューターの実現が期待される。

 

 近年、大規模な汎用量子計算の実現に向けて「一方向量子計算」という手法を使う光量子コンピューターが注目されている。この手法では量子計算の前提となる現象「量子もつれ」のうち汎用性が高いものを用意し、量子ビット(量子情報の最小単位)を測定することで任意の計算を実行する。飛行する光を量子ビットとし、光学的遅延線という装置で一つの光源から無数の量子ビットを生成すれば、汎用性が高く大規模な量子もつれ状態を作れる。

 

 一方向量子計算では量子性を持つスクィーズド光が用いられる。特に連続的に飛行し広帯域なスクィーズド光は、多くの情報を載せられるため、光学的遅延線の小型化などに有用だ。しかし従来、量子もつれの生成に必要な高いノイズ圧縮性と、広帯域性を両立した量子光源はなかった。

 

 研究チームは今回、NTTが研究開発していた非線形光学デバイスで、広帯域性と高いノイズ圧縮率を備えた量子光源を実現。光チップ内で光量子ビットを操作可能にしつつ大規模な量子もつれ状態を生成できるようになった。今後はこの量子光源を用いた量子コンピューターの実現へ、各種光量子の操作を実証する。


この記事は2020年4月14日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:誰もが居心地の良い東大へ ゲーム理論研究の第一人者に聞く 松井彰彦教授
ニュース:新型コロナ 制限強化で学内の研究は原則中止に
ニュース:オンライン授業開始 相次ぐトラブル 対策は?
ニュース:世界大学ランキング日本版 国際性低く3位に
ニュース:量子計算高速化へ 高性能量子光源開発
ニュース:DMMと共同でVR研究を開始
企画:東大履修虎の巻 初めて時間割を組むあなたへ
企画:無理せず楽しく始めよう 東大生による自炊反省会
研究室散歩:@生命科学 平林祐介准教授(工学系研究科)
ゼミをのぞき見:東京大学文学入門ゼミ
キャンパスのひと:前川名月実さん(理Ⅱ・2年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2020年02月12日

マグノンを単一レベルで検出する技術を開発 量子的な実験研究の加速へ期待

NEWS 2020年07月03日

甘味の好みを決定する遺伝子領域発見

NEWS 2019年10月23日

量子もつれ「2次元クラスター状態」を初生成 量子コンピューター大規模化へ

TOPに戻る