SPORTS 2016年11月2日

漕艇部、2種目で決勝進出 全日本大学選手権 2000年以降初めて

男子シングルスカルで4位入賞した松垣さん(写真は漕艇部提供)
男子シングルスカルで4位入賞した松垣さん(写真は漕艇部提供)

 

 国内最大級のボート大会である第43回全日本大学選手権大会が9月22~25日、埼玉県戸田ボートコースで行われ、漕艇部は松垣開土さん(農・3年)が出場した男子シングルスカル(1人漕ぎ種目)と男子舵手付きフォア(舵手と4人の漕手が乗る種目)で決勝に進み、共に4位入賞した。東大が複数種目で決勝進出したのは、2000年以降初めて。

 

 この大会では男子8競技、女子4競技が実施され、全国約80の大学から1400人ほどが参加。東大は男子の2競技で決勝に進出したほか、男子舵手付きペア(舵手と2人の漕手が乗る種目)でも、決勝進出はならなかったものの5位に入賞した。男子の大学別の総合順位は12位だった。

 

 漕艇部対校主将の菱田卓志さん(経・4年)は「注力しているこの大会で2種目決勝進出を果たしうれしいが、メダル獲得や主力の男子エイト入賞はかなわず満足いくものではない。11月の全日本選手権でのメダル獲得、優勝に向け追い込みをかける」と話した。

 


この記事は、2016年10月25日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2777_10_25pop622

ニュース:世界大学ランキング順位低迷どう見る 安易な利用は禁物?
ニュース:卓越研究員に20人 若手研究者への支援目的
ニュース:日英文化交流への尽力評価 コールドレイク特任教授へ英国女王から勲章
ニュース:科研費 東大に最多の配分 半分強を国立大占める
ニュース:論文不正で 新たな告発状
ニュース:男子ラクロスの魅力とは 11月3日に決戦T1回戦 激しい接触や戦術
ニュース:ボート全日本大学選手権 2種目で決勝進出 2000年以降初めて
ニュース:ネコの腎不全 原因解明 医・宮崎教授ら ヒトの治療にも応用
ニュース:ホームカミングデイ 卒業生でにぎわう
企画: 菌を生かしたパン屋「タルマーリー」店主が語る「腐る経済」 「正しく高く」おカネを使う
企画:魅惑のバーの世界、学生のうちから踏み込んで
火ようミュージアム:日本民藝館「柳宗悦・蒐集の軌跡 -日本の工芸を中心に-」
ひとこまの世界:竹下通りで食べ歩き
キャンパスガイ:山原大歩さん(理Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年04月20日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第1戦

SPORTS 2017年05月08日

【部員が見る軟式野球⑨】エース西野投手の好投で立大を下し、東大はリーグ準優勝

SPORTS 2016年04月23日

【部員が見る軟式野球⑥】慶應との2位対決に敗れ、優勝が消滅

SPORTS 2015年01月07日

東大アメフト 1部下位リーグBIG8に残留

SPORTS 2014年09月26日

七大戦準優勝 東北大と接戦の末

TOPに戻る