LATEST NEWS 2015年1月20日

東大生が「2020年東京オリンピックを市民参加でブランドデザイン」すると?

0120-1.jpg

15日夜、味の素ナショナルトレーニングセンターにて、全学自由研究ゼミナール「ブランドデザインスタジオ」の発表会が行われた。2011年から毎年開催されているこの授業の今学期テーマは「『東京オリンピック』を市民参加でブランドデザインする」というもの。

10月から3か月、チームで考え続けてきたオリンピックに関するアイディア発表プレゼンがコンテスト形式で行われた。審査員はJOC会長の竹田恆和氏、日本オリンピアンズ協会常務理事の森田淳悟氏、同じく日本オリンピアンズ協会理事で元シンクロナイズドスイミング銅メダリスト小谷実可子氏など、2020年東京オリンピックの中核を担う面々が集まった。

0120-2.jpg

6チームのプレゼンが行われたが、各チーム様々な角度から東京オリンピックを考えていた。「スポーツの祭典」であるオリンピックであることから、スポーツの力及び現代社会の問題として「人と人とのつながり」に着目するチームが多かった。

人とのつながりから「大阪のおばちゃん」をヒントにアイディアを考えるチームや、競技場をバーにしてコミュニケーションを円滑にするアイディア、あえて「ひとり」で楽しむオリンピックを提唱するチームなど、人間関係の切り取り方に特徴が出ていたように思う。その他、障がい者スポーツに着目したチームや、マイナースポーツと被災地復興を掛け合わせたアイディアを提唱したチームも見られた。

0120-3.jpg

今回の優勝は「応援」に着目し、ナショナリズムとは違った切り口での応援を提唱したチーム。全世界の選手・観客を無作為に生年月日などでチーム分けし、色分けをすることで自国民以外の選手もチームとして応援しよう、というアイディアだ。

「平和の祭典」というオリンピックの在り方に立ち戻る姿勢が見られる新たなオリンピックの切り口に審査員も納得した様子だった。

0120-4.jpg

「答えのない問いを考える」という、受験勉強とは相反する頭の使い方を求められる難しさに苦しんだ学生も多いようだったが、審査員の小谷氏は「皆さんの達成感にあふれた顔を見られて良かった。どのチームも非常に良いプレゼンであっという間の2時間でした」と受講生に伝えた。

(文責 兼子春菜)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年03月11日

学生だって企画書を書いて広告をもらいに行ける はあちゅうさんインタビュー2

INTERVIEW / OBOG 2014年07月29日

在米ジャーナリスト菅谷明子氏が語る、「図書館がつくる知の未来」とは?

INTERVIEW / OBOG 2016年06月14日

日本郵便社長に就任する横山邦男さんに聞くリーダーの心得

NEWS 2014年12月19日

東大生に起業家たちがレクチャー「成長する人とそうでない人の簡単な見分け方」

NEWS 2014年07月24日

AKBと憲法を語ろう 駒場書籍部でサイン会

TOPに戻る