COLUMN 2020年5月10日

【キャンパスのひと】大木有容(おおき・ありひろ)さん(文Ⅰ・2年)

 

文武の才能は無尽蔵

 

 小学生の時に東日本大震災で自衛隊が活躍している姿を見て、安全保障に興味を持ち、官僚を志している。メディアの情報をもとに国際政治を分析する高山ゼミに入ったのも、安全保障について深掘りしたいと思ったからなのだとか。ゼミでは半年間の集大成としてロシアと周辺国の軍事関係について1万4千字のレジュメを書き上げ、達成感にあふれた。

 

 友人の誘いを受けて模擬国連の活動にも参加している。忌憚なく意見を述べてくれる仲間の存在にありがたさを感じていると話す。「優秀な友人たちとレベルの高い議論ができる点で東大に入って良かったです」

 

 文化系の活動だけでなく、スキー部の練習にも精を出す。今年の春休みも、2月の大半は長野県にこもり、練習に励んだ。

 

 まさに文武両道を地で行く学生生活。あまり無理し過ぎずに頑張ってくださいね。


この記事は2020年4月28日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:始まらない「大学生活」 帰省する・しない 分かれる学生の対応
ニュース:東大関係者5人が選出 日本学士院賞 エジンバラ公賞は北名誉教授
ニュース:東大基金 新型コロナ緊急対策基金が寄付募集開始
ニュース:家計が急変した世帯 授業料減免の対象に
ニュース:大学からの情報「十分でない」が過半数 学内英字メディアが英語話者にアンケート実施
ニュース:文部科学大臣表彰 東大所属者44人受賞
ニュース:中央食堂 3月の利用者は前年比3割減
ニュース:文化庁 オンライン授業の円滑化へ新制度施行
ニュース:ニュートリノのCP位相角を大きく制限
企画:オーディオブックが広げる世界 全ての人に快適な読書を提供
コラム:100年前の事例に学ぶ 健康保ち今できることを
知のrecipe:新ジャガのゴロトロ煮
100行で名著:『5万4千円でアジア大横断』下川裕治著
キャンパスのひと:大木有容さん(文Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年05月05日

アメフト オープン戦第2戦で国士舘大に惜敗 一進一退の攻防も最後は逆転を許す

SPORTS 2016年10月21日

【部員が見る軟式野球⑥】過密日程の初戦は早大に惜敗

EVENT 2018年05月04日

【蹴られる東大⑤】拝啓 悩める高校生へ 〜東大生とハーバード大生が伝える、2大学の魅力〜

INTERVIEW / FEATURE 2015年04月04日

ジャズダンスサークル・FreeD !(フリー・ディー)

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月11日

【五月祭おすすめ企画②】五月寄席 お笑い好き東大生の本気

TOPに戻る