LATEST NEWS 2017年1月24日

全国で雪のセンター試験 東大管轄では試験時間の繰り下げなし

地理歴史・公民の試験開始を待つ受験生=14日、本郷キャンパス法文1号館法学部25番教室で(撮影・石井達也)

 

 2017年度大学入試センター試験が14、15日に実施され、全教科の中で最も受験者数が多い外国語を本郷地区では3867人、駒場地区では2734人が受験した(写真=本郷キャンパス)。本部広報課によると、英語リスニングの再開テストが3件実施されたという。

 

 東大は今回のセンター試験で、本郷地区と駒場地区に加え学外試験場として教育学部附属中等教育学校を管轄した。東大管轄の施設を利用した受験生は、外国語で昨年度比14人減の7353人。試験当日は全国的に雪に見舞われたが、東大の管轄では試験時間の繰り下げなどは行わなかった。

 

 大学入試センターは20日付で中間集計を更新。国語の平均点は106・9点と、昨年最終集計での平均点を約22点下回る難化を見せた。数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・B、英語は全て昨年度から平均点が上昇。教科内の科目間で平均点の差が20点を超えたときに実施する得点調整は、本年度は行わないと発表された。

 

 気象庁によると14、15日は強い寒気が流れ込み、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が予想されていた。試験当日は全国的に雪による交通機関の乱れが生じ、一部会場で試験時間の繰り下げを行った。

 


この記事は、2017年1月24日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:進学選択制度変更の影響は 志望動向が堅実化
ニュース:学生諸団体会費一括納入 運動会の納入代行停止 オリ委・自治会と意見対立
ニュース:工・大月教授 工・城所准教授 民泊の活用を検討 宿泊施設不足解消へ
ニュース:卓越大学院を創設 人文社会系 10人に月15万支給
ニュース:全国で雪のセンター試験 東大管轄で繰り下げなし
ニュース:人材集積の取り組み評価 国立大学法人運営交付金 受取額が拠出額を上回る
ニュース:アメフト オールスター戦 6選手が出場
ニュース:東大から3人が選出 日本学士院学術奨励賞
ニュース:UTOCWxの運用を開始 東大の講義をより手軽に
ニュース:本紙が最優秀賞獲得 第6回大学新聞コンテスト
企画:16年度退職教員インタビュー第1弾 東大生への最後の言葉
企画:ヒップホップ特集第2弾 現役学生ラッパーに聞く 東大生こそヒップホップ
東大CINEMA:ブラインド・マッサージ
100行で名著:『密着 最高裁のしごとー野暮で真摯な事件簿』
東大今昔物語:不勤勉な東大生への嘆き
世界というキャンパスで:相﨑周平さん(養・4年)中国編⑤
キャンパスガール:佐久間涼子さん(工・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年02月19日

【東大受験生応援連載】2次試験会場、ここに気を付けよう!~理系受験生編~

INTERVIEW / OBOG 2016年04月19日

16年度東大入試で著書からの出題 内田樹さん「身体的感覚を大事に」

COLUMN 2017年10月06日

「初音ミク」10周年 知れば知るほど奥深いボカロの世界

COLUMN 2014年03月20日

子どもに算数で「まずやってみよう」と教えるということ

NEWS 2014年12月11日

東大、推薦入試に伴い理Ⅲの募集3人削減

TOPに戻る