EVENT 2015年12月9日

12/11(金)東大生制作 日系アメリカ人ドキュメンタリー上映会

12月11日に駒場キャンパスで、東京大学体験活動プログラムの1つ「ロサンゼルスで日系人のドキュメンタリー映画を制作する」に参加した学生による作品上映会が開催される。

12339451_448856235316521_6714544717261863232_o

 

この上映会では、『和菓子/Japanese Confectionary』と『Nihongo』の2作品を上映。南加東大会の協力のもと3人の東大生が今年の8月下旬にロサンゼルスを訪れ、独自に取材を行い、日系アメリカ人に関するドキュメンタリー映画を制作した。

『和菓子/Japanese Confectionary』はリトルトーキョーで100年以上続く日系アメリカ人の和菓子屋さんを取材。アメリカで和菓子文化がスタンダードになる中、「和菓子」というものから見えてくる日系社会を考える。一方『Nihongo』では日系アメリカ人2世から新2世まで幅広く取材し、彼らの中でどのように日本語教育が捉えられているのか、日系アメリカ人にとって継承語の日本語とは何なのかを追求した。

当日は活動の報告と2作品の上映の他、懇親会も行われる。イベント詳細は以下の通り。

—————————————————————————————

ロサンゼルス海外体験活動プログラム上映会

日時: 12月11日(金) 19:00-20:30

場所:東京大学駒場キャンパス1号館 106教室

参加費:無料

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年04月06日

大賞は自転車日本一と薬学系学術成果―15年度「東京大学総長賞」授与式

NEWS 2019年09月04日

東大生協のレジ袋有料化から4ヶ月 利用率が減少

COLUMN 2018年10月12日

【推薦の素顔】小山雪乃丞さん 地層求めて縦横無尽

INTERVIEW / OBOG 2015年10月27日

東大を中退し演劇の道へ 劇作家・アマヤドリ主宰広田淳一さん

INTERVIEW / OBOG 2015年10月05日

「世の中の奴隷になるな。違和感は大切に」映画作家想田和弘さん 後編

TOPに戻る