EVENT 2015年12月9日

12/11(金)東大生制作 日系アメリカ人ドキュメンタリー上映会

12月11日に駒場キャンパスで、東京大学体験活動プログラムの1つ「ロサンゼルスで日系人のドキュメンタリー映画を制作する」に参加した学生による作品上映会が開催される。

12339451_448856235316521_6714544717261863232_o

 

この上映会では、『和菓子/Japanese Confectionary』と『Nihongo』の2作品を上映。南加東大会の協力のもと3人の東大生が今年の8月下旬にロサンゼルスを訪れ、独自に取材を行い、日系アメリカ人に関するドキュメンタリー映画を制作した。

『和菓子/Japanese Confectionary』はリトルトーキョーで100年以上続く日系アメリカ人の和菓子屋さんを取材。アメリカで和菓子文化がスタンダードになる中、「和菓子」というものから見えてくる日系社会を考える。一方『Nihongo』では日系アメリカ人2世から新2世まで幅広く取材し、彼らの中でどのように日本語教育が捉えられているのか、日系アメリカ人にとって継承語の日本語とは何なのかを追求した。

当日は活動の報告と2作品の上映の他、懇親会も行われる。イベント詳細は以下の通り。

—————————————————————————————

ロサンゼルス海外体験活動プログラム上映会

日時: 12月11日(金) 19:00-20:30

場所:東京大学駒場キャンパス1号館 106教室

参加費:無料

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2015年01月20日

本郷キャンパス紹介:安田講堂、そのネーミングの悲しい理由

INTERVIEW / FEATURE 2014年10月06日

時代をリードする東大生に、”本物”の和菓子を 「廚菓子くろぎ」

COLUMN 2016年03月05日

ディカプリオの「ディ」って何? イタリア語選択の東大生が徹底解説

INTERVIEW / OBOG 2016年03月26日

初音ミクでエンタメはどう変わったのか? 東京大学初のボカロPによるゼミに迫る

INTERVIEW / OBOG 2014年06月13日

「『東大生思考』を捨てよ!」 ボルテージ津谷会長からのメッセージ

TOPに戻る