LATEST NEWS 2016年11月30日

文科省が大学評価を公表 英語教育に一定の評価 個人情報管理などに指摘も

fig1

 

 文部科学省は15日、国立大学法人などが2015年度に実施した業務実績の評価を公表し、東大は14年度同様「『法人の基本的な目標』に沿って計画的に取り組んでいる」とされた。教育環境の整備が評価された一方、個人情報の不適切な管理などが指摘された。

 

 全体評価では、英語の話す力を伸ばす1年次の講義「FLOW」新設などが、国際化に対応する教育制度構築と評価対象に。新予算配分制度なども認められた。

 

 項目別では全項目で14年度と同評価(表)。「業務運営」では将来構想の「東京大学ビジョン2020」策定と周知の徹底、「財務内容」では予算配分の合理化、「自己点検・評価・情報提供など」では日英2カ国語での財務報告が評価された。「その他業務運営」では個人情報が一時ウェブサイトで閲覧可能となるなどの管理不足が14年度に続き指摘され、放射性物質の不適切な管理も課題に。「産業競争力強化法の規定による出資など」では大学発ベンチャーへの支援事業計画の遅れが問題視された。

 


この記事は、2016年11月29日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2783_11_29pop622

ニュース:「違法建築物」撤去を検討 駒場キャンパス 調査実施も取り下げ
ニュース:新棟の詳細が決定 豊島国際学生宿舎 家賃は最低2万円
ニュース:総合図書館、利用制限か 17年度中の本館利用困難に
ニュース:「就職の強さ」は10位 THE世界大学ランキング
ニュース:「違法建築物」問題 東大の手続き怠慢か 関係者「まず対応説明を」
ニュース:12月17日、日体大と昇格戦へ アメフト 6連勝で1位決定
ニュース:国立大学法人評価 FLOWなど評価 個人情報管理、なお課題
ニュース:北斎の工夫ヒントに 除染スポンジ開発
企画:国民統合へ独自の役割担う タイ国王死去から迫る「現代の王室」
企画:死に際で輝く「中年の星」 若年層にも人気 『真田丸』の魅力
東大CINEMA:ヒトラーの忘れもの
研究室散歩:分析化学
東大今昔物語:女性合格に差別的見方
青春の一冊:興津要編 『古典落語』(講談社)
キャンパスガイ:羽田康孝さん(理・4年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年06月05日

オンライン授業を教育にどのように活かすか 濱田総長との全学懇話会レポート

INTERVIEW / FEATURE 2017年02月10日

学習のデジタルポートフォリオ化から考える、入試と就活の未来

NEWS 2016年09月29日

進学選択、初の「第3段階」 対象者に結果発表

NEWS 2016年09月30日

秋季学位授与式・卒業式を開催 総長「既存の枠組み超えよ」

COLUMN 2017年01月30日

The Universal Value of Education Found in Bangladesh and Japan

TOPに戻る