LATEST NEWS 2020年5月4日

文化庁 オンライン授業の円滑化へ新制度施行

 文化庁は4月10日、著作物を教材として用いる許諾を簡潔にする「授業目的公衆送信補償金制度」を28日から施行することを発表した。オンライン授業の円滑化が期待される。

 

 従来は著作物を教材としてインターネット上で用いる際、著作権者への個別許諾が必要だった。同制度では代わりに学校法人などが指定管理団体に補償金を支払い、団体から資金分配することで、個別許諾を省略する。19年2月には授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS)が指定管理団体となっていた。

 

 新型コロナウイルス感染拡大に伴ってオンライン授業の機会が増えるに当たり、SARTRASは3月5日、ICT(情報通信技術)を活用した著作物の円滑な利用に可能な限り協力すると表明。しかし東大など八つの大学・研究所は31日に文化庁とSARTRASに対し、同制度の正式な施行を求めていた。施行に先立ってSARTRASは6日、本年度に限って補償金額を無償として認可申請を行う特例措置を発表している。


この記事は2020年4月28日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:始まらない「大学生活」 帰省する・しない 分かれる学生の対応
ニュース:東大関係者5人が選出 日本学士院賞 エジンバラ公賞は北名誉教授
ニュース:東大基金 新型コロナ緊急対策基金が寄付募集開始
ニュース:家計が急変した世帯 授業料減免の対象に
ニュース:大学からの情報「十分でない」が過半数 学内英字メディアが英語話者にアンケート実施
ニュース:文部科学大臣表彰 東大所属者44人受賞
ニュース:中央食堂 3月の利用者は前年比3割減
ニュース:文化庁 オンライン授業の円滑化へ新制度施行
ニュース:ニュートリノのCP位相角を大きく制限
企画:オーディオブックが広げる世界 全ての人に快適な読書を提供
コラム:100年前の事例に学ぶ 健康保ち今できることを
知のrecipe:新ジャガのゴロトロ煮
100行で名著:『5万4千円でアジア大横断』下川裕治著
キャンパスのひと:大木有容さん(文Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年03月12日

多言語で世界を考える喜びを 教員と参加学生に聞くTLP制度 ①教員編

COLUMN 2019年10月18日

学力と音楽経験との関係は? 日本の音楽教育の歴史と成果

COLUMN 2019年01月26日

【受験生応援2019】2次試験直前! 現役東大生による勉強法アドバイス〜英語〜

COLUMN 2020年05月04日

新入生アンケート2020分析① 受験編 「高校で地学勉強せず」6割

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年05月14日

【蹴られる東大⑥】東大を勝たせた教授が語る、東大に足りない「危機感」と改革

TOPに戻る