LATEST NEWS 2019年11月8日

アイスランド大統領が東大で講演 小さな国の大きな力

講演するヨハネソン大統領=24日、福武ラーニングシアターで(撮影・大西健太郎)

 

 国際高等研究所東京カレッジの主催する講演会「小さな国の大きな力 国際関係におけるアイスランドの役割」が24日、本郷キャンパス福武ラーニングシアターで開催された。アイスランドのグドゥニ・トルラシウス・ヨハネソン大統領を講師に迎え、小国論をテーマに今後の世界の在り方への展望を含めた講演とディスカッションが1時間半にわたり行われた。

 

 講演ではまず、同国の近現代史を専門とする歴史学者でもある大統領自らが自国の歴史や概要について簡潔に説明。人口が約35万人と世界的に少ないアイスランドは北大西洋中の島国で、火山による災害に見舞われてきた歴史や国家産業である漁業、文学が盛んであることを紹介した。

 

 講演の後半では学問的見地から国際社会でアイスランドの果たした役割についてジョークを交えながら話す。漁業権を巡る英国との確執を語る場面では、手元のペットボトルや時計を使いながら英国船を撃退したエピソードをコミカルに話し、会場は笑いに包まれた。冷戦中には米ソといった大国に毅然とした態度で臨み、植民地の独立や他の小国を援助した歴史を紹介。自国の歴史を誇らしげに語る大統領の姿に、聴衆は真剣なまなざしで耳を傾けた。

 

聴衆に力説するヨハネソン大統領(撮影・大西健太郎)

 

 人間の権利や正義を尊重し、対話を模索する姿勢を貫いているところにアイスランドの強さがある。「われわれは、一夜にして世界を変えることはできないが、徐々に正しい方向に向かうことはできる」と大統領はスピーチを締めくくった。講演後は学生らからの質問が相次ぎ、アイスランドの未来や日本の抱える課題、地球温暖化への取り組みなど、多様な分野に関する意見が交わされた。


この記事は2019年10月29日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:変わる高校入試 高校受験生の選択肢減少 東大合格者層への影響は?
ニュース:アメフト立大戦 好機逸し逆転負け 「勝利意識し消極的に」
ニュース:スピン流を高効率で運ぶ材料発見
ニュース:稷門賞 飛騨市長と日本財団に
ニュース:細胞の老化・がん化解明へ mLOYの分子機構明らかに
ニュース:色字共感覚 文字の知識で想起する色変化
ニュース:アイスランド大統領 小さな国の大きな力 東大で講演
ニュース:ホームカミングデイ開催 養老孟司名誉教授ら講演
企画:個人、企業、社会全体が取り組みを 女性の健康問題への向き合い方
企画:国際化に合わせた言語教育 インタークラスの実態に迫る
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)⑤
研究室散歩:@赤ちゃん学 開一夫教授(総合文化研究科)
100行で名著:『第一阿房列車』内田百閒
キャンパスガイ:板垣大稀さん(工・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2019年07月16日

TeaTime Tech Lab. 2019開催 情報系分野に興味を持ってもらうために

INTERVIEW / OBOG 2014年05月21日

数学科卒、JAZZピアニストの音楽論

PUBLIC RELATIONS 2019年11月04日

【学術シンポジウム×コンサート】音楽に神は必要か

INTERVIEW / FEATURE 2014年05月08日

『これからの「選挙」の話をしよう。』想田和弘監督×家入かずま氏対談イベント 特別レポート

EVENT 2018年11月28日

TikTokのマーケティングの秘密に迫る! TikTok講演会レポート

TOPに戻る