SPORTS 2019年5月21日

ラクロス部男子 五月祭試合でライバル・一橋大に敗北 後半追い上げも及ばず

 5月18日、ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)が一橋大学と五月祭試合を戦った。試合前、黒木颯主将(工・4年)が「絶対に負けられない」と話していたライバルとの一戦。そのゲームレポートを、ラクロス部男子のマネジャーに寄稿してもらった。

 

東 大|1022|5

一橋大|3301|7

 

 5月18日、五月祭1日目に東大と一橋大学の定期戦である東商戦が本郷キャンパス御殿下グラウンドで行われた。今回の試合で2011年からの9回目となるが、過去の戦績は3勝5敗の負け越し。またここ2年連続で敗れており何としても勝利したい一戦だった。

 

 運動会応援部も駆けつけ大観衆の見守る中試合が始まった。東大は、岩崎遼登選手(工・4年)が試合始めのフェイスオフを制し、開始1分で成田悠馬選手(農・4年)が豪快なショットを決める。ホームの大きな声援も受けてこのまま勢いに乗るかと思われたが、その後は一橋大のペースに。一橋大には昨年度からリーグ戦でスターティングメンバーとして活躍していたアタックの選手が多く、一瞬の隙を狙った手早いオフェンスに苦しめられる。次々と得点され、第2クオーター(Q)終了時点で1-6の大幅リードを許した。

 

先制点を挙げた成田選手(#11)

 

 後半は、焦りが吹っ切れ集中力を取り戻し、東大が反撃を開始する。東大がボールをコントロールする時間が長くなり、第3Qでは成田選手、間野弘暉選手(経・3年)が連続得点。ファウルにより1人少ない状態でプレーしなければならないマンダウンディフェンスのピンチを三木理太郎選手(工・3年)がセーブで堪え、流れを更に東大に持ってくる。

 

 第4Q、主将・黒木颯選手(工・4年)の得点で4-6まで追い上げる。ここから更に迫ろうかという時に1点を返され、再び3点ビハインドに。平田東夢選手(工・4年)が圧倒的な運動量で相手からボールを奪い、試合終了直前に間野選手の追加得点で粘りを見せるも、最終スコア5-7で敗北を喫した。

 

平田選手(#22)

 

 リーグ戦に向けて、特に立ち上がりの課題が明らかとなった一戦であった。課題の修正のため2019年シーズンスローガン「勝者であれ」を常に意識して練習に励んでいく。

 

(文・写真:上羅彩加=寄稿)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2018年03月10日

18年度前期日程試験3014人が合格 理科で最低点大幅低下、文科は昨年度並み

SPORTS 2018年08月24日

日ハム・宮台投手プロ初登板で五回途中2失点 東大出身投手として51年ぶりの勝利ならず

SPORTS 2019年01月02日

近藤選手、東大から14年ぶりの箱根路出走 区間22位相当で2区に襷つなぐ 第95回箱根駅伝

COLUMN 2014年04月07日

【サークル奮闘記】東大アイスホッケー部の終わりなき挑戦

SPORTS 2017年05月07日

硬式野球 またも2桁失点で立大に連敗 今季8戦を終えて未勝利

TOPに戻る