EVENT 2016年7月17日

「かきならせラテンのリズム」 東大生によるベネズエラ音楽コンサート

Figure1

 

 哀愁漂うベネズエラギターのしらべ、目にも止まらぬ速さのマラカス、カリブ海の陽気なリズム・・・。日本でなかなか聞くことのできない、南米ベネズエラの音楽。演奏し、スペイン語で歌うのは、東大教養学部の正規科目「ラテンアメリカ音楽演奏入門」の受講生たちだ。

 開講8年目を迎えるこのユニークなゼミは、8月6日に行う「成果発表コンサート」で、南米音楽の魅力を学内外の人々に披露する。情熱的な音楽で夏の暑さを吹き飛ばしてみてはどうだろうか。

 

【開催日時】

2016年8月6日(土)15:00~16:45(開場14:30)

【場所】

東京大学駒場Ⅰキャンパス18号館ホール[定員:200名]

 (京王井の頭線駒場東大前駅5分)

 

【曲目】

Campesina(村娘)/Como llora una estrella(星の涙)/

Moliendo café(コーヒー・ルンバ)/Alma llanera(平原の魂)他

入場無料・予約不要

 

 同ゼミ修了生の有志は、日本で唯一の学生ベネズエラ音楽合奏団「エストゥディアンティーナ駒場」として活動を続けている。全国の自治体に招かれての公演の他、今年6月にはNHK WORLDの国際ラジオ放送にも出演するなど、様々な場で南米音楽文化を発信している。

 

【関連リンク】

エストゥディアンティーナ駒場 facebookページ

https://www.facebook.com/EstudiantinaKomaba

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2015年04月16日

デスクトップ・ミュージックサークルDTM Grandioso

INTERVIEW / FEATURE 2015年10月06日

東大生バンド「男子校」−コミュ力のなさを歌う?

EVENT 2015年07月14日

「ラテンの鼓動で始まる夏」8/1(土)ラテンアメリカ音楽演奏入門ゼミ・成果発表コンサート

COLUMN 2017年06月08日

【はじめての論文】武藤香織教授(医科学研究所) 卒論執筆は医者への怒りが原点

INTERVIEW / FEATURE 2015年04月17日

東大オリジナルバンド研究会

TOPに戻る