SPORTS 2018年4月17日

【部員が見る軟式野球2018①】開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

軟式野球部春季リーグ第1戦vs法政大学(3月16日)

 

法政 0 0 0 0 0 0 0 1 0 | 1

東大 0 0 0 2 0 0 0 2 × | 4

 

 全日本大会に出場するべく、リーグ戦連覇を目指す東京大学の絶対に勝ちたい開幕戦。東京大学は先発に主戦西野(育・三年)を送り込む。その西野は初回、2四死球と単打で満塁の危機を迎えるが、一塁手勝田(経・四年)の好守もあり無失点で切り抜ける。その裏、負けじと東京大学も二番松本(文・四年)の安打を起点に得点圏に走者を進めたが、後続倒れ無得点に終わる。

 

猛打賞の活躍を見せた松本選手(写真は軟式野球部提供)

 

 先発の西野は好投を続け、四回まで法政大学を無失点に抑える。迎えた四回裏、西池(農・四年)、保知(文Ⅱ・二年)の連打をきっかけに一死一・三塁の好機を作る。ここで東京大学の打者は七番吉永(工・四年)。2球目に仕掛けたエンドランは相手の投手に外されてしまうが、挟殺間の相手の失策により西池が生還、待望の先制点を挙げる。その後一死三塁から吉永が右前適時打を放ち、2点目を挙げる。

 

完投勝利をあげた西野投手(写真は軟式野球部提供)

 

 その後両大学の投手の好投が続いたが、八回に再び試合が動く。法政大学の先頭打者に四球を与え、二死までこぎつけるも、二死三塁から失策の間に走者が生還し1点を返される。その後二死一・三塁の危機を迎えたが、ここは西野が踏ん張り最少失点で切り抜ける。直後の八回裏。3連打で無死満塁とし、一死後、四番勝田のニゴロで併殺を狙った捕手の一塁送球が逸れる間に、二塁走者の松本が本塁を陥れ、東京大学が1点を追加する。その後、五番串田(文Ⅱ・二年)が適時打で続き1点を加え、4対1とした。最終回もそのまま東京大学が逃げ切り、勝利を収めた。

 途中出場の選手も安打を放つなど、層の厚さを見せた東京大学。しっかりと気を引き締めて、次戦以降も勝利を積み重ねていきたい。

                                          文責:軟式野球部 中谷智一(理Ⅱ・二年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年09月21日

東大硬式野球 終盤に粘り切れず、開幕カード連敗

SPORTS 2016年09月03日

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

COLUMN 2016年08月01日

【東大自転車部寄稿】リオ五輪「自転車」の見どころ

SPORTS 2016年10月27日

【部員が見る軟式野球⑩】初回先頭打者本塁打で先制も逆転負け リーグ最下位で終戦 

SPORTS 2016年05月28日

【部員が見る軟式野球⑨】追い上げ及ばず、泥沼の5連敗

TOPに戻る