LATEST NEWS 2014年1月28日

東大生が逮捕 在特会のデモに突っ込み

東京・六本木の路上で「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のデモに反発し、自転車で参加者に体当たりするなどしたとして、警視庁麻布署は18日、暴行容疑で、東大生(22歳)を現行犯逮捕した。同署によると、22日時点では「暴行はしていない」と容疑を否認している。

複数の報道発表によると逮捕理由は、港区六本木の路上で、18日午後3時10分ごろ、デモ隊に自転車で突っ込み、在特会員の男性に体当たりするなど暴行を加えた容疑としている。

同署によると、容疑者の東大生は在特会などのデモ活動に反対する市民団体「レイシスト(人種差別主義者)をしばき隊」の「男組」というグループの関係者という。報道発表によると、デモ隊の反対側の歩道から自転車で車道を横断して突入し、警戒中の同署員に取り押さえられた。

在特会は在日朝鮮人の日本への特別永住資格などの撤廃などを求める市民団体。デモや集会などでの在日韓国人・朝鮮人への過激な言動から、対立する市民団体も存在する。

東大生の逮捕については、過去にはネットオークションの詐欺容疑によるものなどがある。

(2014年1月28日号より)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月17日

【20年前の東大、今の東大】大学時代をいかに生きるか――三田誠広さんに聞く1

NEWS 2015年08月22日

平和学の父 ガルトゥング博士講演会「アメリカ依存では世界平和には貢献できない」

NEWS 2015年09月19日

東大関係者による安保法案に関する緊急抗議集会 学生・教授ら約180人が参加

NEWS 2015年09月10日

安保法案東京大学人緊急シンポジウム開催 「東大は70年前の戦争に加担した」

INTERVIEW / FEATURE 2015年09月01日

社会運動における研究者の役割とは?『首相官邸の前で』社会学者 小熊英二さん

TOPに戻る