LATEST NEWS 2020年4月7日

谷合廣紀さんが将棋で四段昇段 東大生として16年ぶりのプロ棋士誕生

谷合 廣紀(たにあい ひろき)さん(情報理工・博士1年=当時)

 

 将棋のプロ棋士養成機関「奨励会」に三段として所属する谷合廣紀さん(情報理工・博士1年=当時)は、7日まで実施された三段リーグ戦で2位となり、四段昇段(プロ入り)を決めた。東大生のプロ棋士は、2004年に四段昇段を決めた片上大輔現七段以来2人目となる。東大院生としては初。

 

 谷合さんは26歳で、三段リーグに17期(8年半)在籍。今期の全18局で勝ち越せなかった場合、年齢制限で退会に追い込まれていた。序盤は4回戦を終えて1勝3敗だったが、5回戦から13連勝。16回戦を終えた時点で、最終日を待たずに四段昇段の権利を得た。

 

 東京大学新聞社の取材に対し谷合さんは「やっと上がれたといううれしさと開放感がある」と喜びをあらわにした。さらに、東大将棋部の部員や研究室の教員に支えられ、研究と将棋を両立できたとも話した。

 

 谷合さんは博士課程での研究も継続する予定。「大学院生という立場やプログラミングやAI(人工知能)の知識を生かし、将棋界へ自分にしかできない貢献をしたい」と意欲を見せた。


この記事は2020年3月24日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:新型コロナ影響各所で 入学式中止に
ニュース:感染阻止へ薬剤候補同定
ニュース:21年度推薦入試 1校当たりの推薦可能人数を拡大
ニュース:学生自治会 駒場東大前駅の安全確保要望へ
ニュース:19年度卓越研究員 公募型で8人を選出
ニュース:19年度総長賞 ピアニスト・角野さんと経・河野さんが大賞に
ニュース:東大発の2論文が米誌『PNAS』掲載
ニュース:将棋 東大生プロ棋士16年ぶり誕生
企画:退職教員最後のメッセージ(前編) 石川正俊教授(情報理工学系研究科)、月本雅幸教授(人文社会系研究科)、中里実教授(法学政治学研究科)
企画:桜とは一味違う伝統に触れて 社会文化史から再考する梅の魅力 
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)⑨
ひとこまの世界:松濤美術館
キャンパスのひと:久保田成歩さん(養・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年12月25日

「日々の努力を積み重ねた上でのひらめき」谷川九段 東大で講演

NEWS 2014年04月04日

2013年度総長賞「甲乙付け難い」 大賞は3件

COLUMN 2017年04月21日

東大新入生アンケート2017① 推薦合格者、女子は4割 「エリート意識ある」半数割れ

COLUMN 2019年02月27日

【ハーバードクリムゾン翻訳企画③】学期初日のハーバード生の素顔

EVENT 2016年08月28日

南米の代表的歌手セシリア・トッド氏ライブ 8月29日に駒場Ⅰキャンパスで

TOPに戻る