SPORTS 2019年5月3日

【部員が見る東大軟式野球2019春⑧】打線つながり立教大に6-1で快勝

軟式野球部春季リーグ第8戦vs立教大学(4月18日)

 

立大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 | 1

東大 1 0 0 0 1 0 1 3 × | 6

 

 相手は6位立教大学。優勝を目指す上では負けが許されないこの一戦、東大はエース西野(育・4年)をマウンドに送った。

 

 初回、1死から串田(経・3年)、保知(経・3年)が四球で出塁する。続く四番吉川(工・3年)のライト前への適時打で東大は一点を先制し、試合の主導権を握った。西野は直球とスライダーを軸に、出塁を許しつつも要所を締め好投、六回まで二塁を踏ませない投球で相手打線を抑え込む。

 

8回無失点の好投で4勝目を挙げた投手西野(育・4年)(写真は軟式野球部提供)

 

 追加点を奪いたい東大は五回裏、先頭の西野が投手前への内野安打で出塁する。その後宮部(理Ⅱ・2年)のショートゴロの間に西野は二塁に進塁し、さらに続く川﨑(経・4年)の打席では三盗を決め、悪送球の間にホームへと生還し2点目を挙げた。

 

9回に代打で登場し適時打を放った松浦(経・4年)(写真は軟式野球部提供)

 

 するとさらにその後、東大は立て続けに追加点を奪う。七回裏には失策から静間(育・3年)が出塁し、九番宮部のヒットと悪送球の間に静間が生還した。続く八回裏には先頭の保知がヒットで出塁すると敵失、中谷(医・3年)のレフトへの適時打、代打松浦(経・4年)のライトへの適時打などで一挙三点を追加した。その後最終回表の立教大学の攻撃では、西野に代わり田中(理Ⅰ・2年)が登板する。ヒットと四球で1死満塁となり、押し出し死球で一点を許すが、その後は田中がきっちりと後続を断って追加点を与えず、6対1で東大が勝利した。

文責:軟式野球部 菊池慶(文Ⅰ・2年)

【部員が見る東大軟式野球2019春】

開幕戦、西野投手の好投で慶應大に粘り勝ち

チャンス生かせず明治大に惜敗

西野投手の好投で法政大下し序盤戦勝ち越す

エース好投も慶應大にサヨナラ負け喫す

投打噛み合い立教大に勝利 今リーグ3度目の完封勝ち

好機生かせず法政大に1-1で引き分ける

早稲田大に1-0で惜敗 今季初の完封負け

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月30日

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

SPORTS 2017年04月23日

アメフト部 今年から1部昇格の桜美林大に3―17で完敗

SPORTS 2016年09月23日

第55回七大戦 東大が歴代最高得点で4年ぶり11回目の総合優勝

SPORTS 2017年04月15日

硬式野球 40歳・伊藤投手が神宮デビュー フレッシュリーグで1回4失点

COLUMN 2019年09月10日

サークルペロリ 東京大学運動会相撲部

TOPに戻る