EVENT 2018年5月30日

~情報系への第一歩を~ TeaTime Tech Lab.を6/16にGoogle本社で開催

 

⚫TeaTime Tech Lab.とは?

 情報系やプログラミングに対して興味はあるけれど、上級者の集まるハッカソンや勉強会への参加はちょっとためらってしまう…

 

 そんな声を受けてTeatime Hackathonは2014年に誕生しました。

 

 

 今年発足したTeaTime Tech Lab.は、Teatime Hackathonの理念を引き継ぎつつも、ハッカソン形式を変えて、現役のエンジニアさんによる講演会やグループごとに分かれてお話を質問や相談をする座談会を行います。

 

 目標は「情報系への進路選択はアリかも」と思ってもらえること、同じ興味を持つ学生同士に横のつながりを作ってもらうことです。

 

⚫TeaTime Tech Lab.の内容

 

 

 東大女子でわいわい話したり、お菓子をつまんだりしながら、情報系についての理解を深めます!

 

 構成は以下のようになっており、エンジニアの方の貴重な経験談を聞けるだけでなく、座談会では小さなグループで自由に議論できます。

1. オープニング
2. エンジニアによる講演
3. グループに分かれて座談会
4. 懇親会(夕食)

 

⚫TeaTime Tech Lab.の全体像

 

 

●ゼミとの連携

 TeaTime Tech Lab.の大きな特徴は全学ゼミとの連携です。S2ターム開講の全学体験ゼミナール「アイデアを形にするモノづくり体験 ~ロボットから家電まで~」があります。TeaTime Tech Lab.では情報系に興味を持った参加者に、このゼミで実際に知識や技法を学んでいただきたいと考えています。ゼミでは、BBC micro:bitを使って、電子回路の基本やソフトウェアプログラミング、プレゼンテーションの技法を学べます。

 

●イベント詳細

参加対象者:東大女子(文系理系問いません︰例年半分の参加者が文系です)
日程:6月16日(土)13:00~
場所:六本木ヒルズ Googleオフィス
途中参加、途中抜けは可能!
応募締め切り: 6月2日(土)

応募はこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/1vhlvSNzbJc9YZRo8j5aleub3WjVGznfpPbY6guRhwy8/edit

詳細は以下にあります↓
Webpage:https://teatimehackathon.wixsite.com/teatimetechlab2018
Twitter:@t_t_Hackathon
Facebook: https://m.facebook.com/tea.time.hackathon/

 イベントの後、さらにプログラミングや電子工作を詳しく学べる初心者向けの全学ゼミに参加することをお勧めしています。

ゼミについてはこちらから↓
https://monozemi.akg.t.u-tokyo.ac.jp/

 ご参加をお待ちしています!

(寄稿)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2015年05月29日

「起業を考える学生が、5年後までに身に付けておきたい4つの能力」木寺祥友さん

EVENT 2016年04月13日

メディアと相似する金融業界、いま企業に問われる課題とは…FinTechイベントレポート③

EVENT 2018年01月14日

日本のITの未来を担うか ハッカソンイベント「HACKER WARS」レポート

EVENT 2015年06月25日

コンピュータの本質とは?ビジュアルプログラミング言語「Viscuit(ビスケット)」

EVENT 2016年04月13日

金融機関の生き残り策は“プラットフォームビジネス”…FinTechイベントレポート①

TOPに戻る