LATEST NEWS 2017年3月25日

合奏でテンポが速くなってしまう理由を解明 体内のタイミング調節メカニズムが影響

 岡野真裕さん(総合文化・博士3年)らは、合奏のテンポが無意識的に速くなる一因が演奏者の緊張や高揚などの生理・心理的な要因だけでなく、速いテンポに優先的に合わせる人間のタイミング調節メカニズムにあると示した。研究成果は9日付の英科学誌『サイエンティフィックリポーツ』に掲載された。

 

 岡野さんらは今回、メトロノームと同期させた指によるタップのテンポがメトロノームを停止した後にどう変化するか、初期テンポの速さを変えながら1人と2人組の2条件について比較した。1人では加速・減速など多様なパターンが見られたのに対し、2人組では初期テンポの速さにかかわらず8割以上が加速し続け、平均でタップ間隔が約7~9%短くなった。

 

 2人組でテンポを合わせる際、タップ間隔のずれを片方に合わせようと調節する。その際、早いタイミングへの修正が優先的に起きるため、タップ間隔が短くなってテンポが加速すると結論付けられた。今後、安定した演奏実現のための効率的な練習方法や、スキル評価指標の開発を目指す。


この記事は、2017年3月21日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

ニュース:交付金削減で増える非常勤 基礎科学研究の現状は
ニュース:駒場キャンプラなど解体か 自治会「代替施設の検討を」
ニュース:代替措置詳細を公表 総合図書館 十分な学習席確保
ニュース:日本学術会議声明案 軍事研究禁止を継承 4月に採決予定
ニュース:新コーチに元日本代表 ア式蹴球 社会人クラブと連携
ニュース:合奏のテンポ加速に体内メカニズムが影響
ニュース:駒場に新ジム開設 スポーツ先端科学研究拠点 研究成果を還元
企画:ゼミで迫る障害者問題 障害者は生きにくい 東大生だって生きにくい
企画:視聴者に親近感抱かせる 「東大生テレビ」人気の秘密
東大新聞オンラインアクセアスランキング:2017年2月
研究室散歩:応用生命化学
こんなところに東大が:チリ・アタカマ砂漠 世界最高水準の望遠鏡設置
東大CINEMA:ラビング 愛という名前のふたり
キャンパスガール:田中茉由子さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年11月20日

【駒場祭おすすめ企画】ジブン×ジンブン 人文学で価値観を相対化せよ

COLUMN 2017年11月05日

【N高生のリアル⑧】ネット部活のリアル N高クイズ研究会の生態系

NEWS 2017年04月11日

THE日本版大学ランキング、初実施で東大が1位 評価は教育力を重視

INTERVIEW / PROFESSOR 2016年05月16日

「東大で最高の知的興奮を体感せよ」 TEDxUTokyoを5月29日に安田講堂で開催

INTERVIEW / FEATURE 2016年02月02日

留学で得たインサイトを還元、日本人に足りない“自信と目的意識”を醸成する…前編

TOPに戻る