LATEST NEWS 2016年12月7日

東大・経団連が連携しベンチャー企業を育成 「産学の壁を超えた本格的な連携を」

 東大と日本経済団体連合会(経団連)は11月16日、東大の研究成果を生かしたベンチャー企業の創出・育成に向け、産学連携を推進する新組織の発足を発表した。同日には初の会合を開き、五神真総長や経団連会員企業の会長らが参加。他大学や幅広い企業などへの展開も見込む。

 

 発足した「東大・経団連ベンチャー協創会議」では、両団体の経営層による対話の場を定期的に設け、ベンチャー企業の創出・育成に向けた東大と具体的な企業間での連携を検討。個別の連携事例の経験・教訓などを全体で共有することで、イノベーション創出手法の確立も目指す。連携の推進では、東大の産学協創推進本部が実施している起業家人材育成プログラムなどと連動し、事業化に必要な技術教育を実施する予定だ。

 

 東大は十数年前から大学発ベンチャー企業の育成に取り組んでおり、東大と経団連の発表によると関連するベンチャー企業は11月時点で約280社。合計の時価総額は1兆円を超え、うち16社が上場しているという。東大と経団連は「産業構造の大変革時代が到来している中、新たな基幹産業を創出し続けるためには、産学の壁を越えた本格的な連携が重要」としている。

 


この記事は、2016年12月6日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2784_12_6pop622

ニュース:総合図書館「完全閉館ではない」 理由は依然不透明 反対学生ら署名約2千
ニュース:豊島国際学生宿舎新棟 入居者の交流促進へ 安さ求める学生とのずれも
ニュース:第67回駒場祭を開催 12万6千人が来場
ニュース:本郷ー柏間で無料シャトルバスを運行
ニュース:東大・経団連が連携 ベンチャー企業を育成
ニュース:盗難受け注意喚起 学生支援課 10月に3件発生
企画:写真で見る駒場祭
企画:米国大統領選挙、「非主流派」躍進の背景と影響 表面化する不満と分断
企画:本当のフィンランドを知ろう 12月6日は独立記念日
世界というキャンパスで:相﨑周平さん(養・4年)中国編4
こんなところに東大が:湯島聖堂
東大CINEMA:聖の青春
キャンパスガール:坂本京花さん(理Ⅱ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2017年11月18日

技術と戦略と人格が出会うとき オンコロジー開発企業に学ぶ先端技術の産業化の仕方

COLUMN 2014年05月14日

MITメディアラボ所長が語る、メディアの未来像

INTERVIEW / OBOG 2016年01月06日

“会社、そして社会をダイレクトに変えていく” 26歳 アプリボット取締役 黒岩さん

NEWS 2014年07月19日

正直なシラバス 教員の世界に自由競争を

INTERVIEW / OBOG 2014年10月30日

MBAは不要、エンジニアは今すぐ世界に挑戦しよう 「TomyK Ltd.」鎌田富久 代表

TOPに戻る