COLUMN 2020年5月4日

新入生アンケート2020分析③ 進路編 興味重視で進学選択97%

 東京大学新聞社は3月26日〜31日、東大の全新入生を対象にアンケートを実施し、773人から有効回答を得た。このアンケートは毎年入学の諸手続き時に実施している。受験や大学生活、進路への意識や社会問題への賛否などを質問し、傾向を分析した。(本文中の割合は小数第1位を四捨五入)

(構成・杉田英輝)

 

●進学先

 

 進学希望先(推薦入試での入学者は内定している進学先)を聞くと、文Ⅰの 89%が法学部、文Ⅱの93%が経済学部と回答。文Ⅲでは文学部(35%)と教養学部(28%)が多かった。理Ⅰでは工学部が61%と最多で、理学部(29%)などが続く。理Ⅱは農学部(21%)、薬学部(20%)、理学部(16%)と希望が分散した。

 

 学部・学科選びで重視するものについて、97%が「自分の興味」を選択。「就職の強さ」が29%、「設備」が15%と続いた。

 

 

 

●大学院

 

 大学院進学について、修士・博士課程いずれかに進学したいと答えた人は49%。

 

 科類ごとの大学院進学希望率では、理Ⅰの79%が最高。他の科類は、理Ⅱ(65%)、理Ⅲ(48%)、文Ⅲ(20%)、文Ⅰ(14%)と続き、文Ⅱ(13%)が最低だった。

 

 

●卒業後の進路

 

 学部卒業後または大学院修了後の希望進路は「民間企業」が47%で最多。「研究職」(35%)が続き、「未定」が23%だった。

 

●将来への不安

 

 将来不安に思うものを尋ねると、「就職」が53%で最多。「収入」(40%)、「結婚」(36%)などが続く。「不安はない」と答えた人は10%だった。


この記事は2020年4月21日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:植物と旅行に明け暮れる日々 川北篤教授(理学系研究科附属植物園)
ニュース:東大生よ「ギアチェンジ」を 五神総長ら動画で新入生にメッセージ
ニュース:留学プログラム中止に 新型コロナ影響で
ニュース:生協は18日から全店休業
企画:新入生アンケート2020 「支持政党はない」48%
企画:東大の歩き方
企画:多様な視点を映し出すふつうの東大生って?
サークルペロリ:東京大学能狂言研究会宝生会
キャンパスのひと:小坂涼さん(文Ⅰ・2年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2018年07月03日

【18卒東大生就職状況】 外資系コンサル躍進 三大銀行は上位堅持

COLUMN 2020年06月06日

【各学部4年生に聞く 学生生活紹介】④文Ⅱ→工学部、理Ⅰ→理学部

INTERVIEW / OBOG 2020年07月05日

広い知見を専門研究に活用 総長賞受賞者が考える大学院での研究

COLUMN 2017年01月13日

【KomabaTimes②】Class of 2019: Lost in transition

COLUMN 2020年06月10日

【各学部4年生に聞く 学生生活紹介】⑥理Ⅰ→薬学部、理Ⅲ→医学部

TOPに戻る