LATEST NEWS 2020年1月19日

日本学術振興会賞 理学系・西増准教授が受賞へ 生研・野村准教授も

 日本学術振興会は12月24日、第16回日本学術振興会賞の受賞者25人を発表し、東大からは2人が受賞を決めた。同賞は優れた業績を残した45歳未満の研究者に贈られる。過去最多となる9人の東大関係者が受賞した昨年からは、7人減となった。

 

 受賞した西増弘志准教授(理学系研究科)はゲノム編集技術の作動機構の解明や、新規のゲノム編集ツールの開発などを通じた技術の高度化への貢献が認められた。野村政宏准教授(生産技術研究所)は固体材料での新たな熱伝導の制御技術を開発。超スマート社会の基盤となる熱電環境発電への応用可能性も評価された。

 

 候補者は学術研究機関や優れた研究実績を持つ研究者からの推薦によって募集される。今年度は合わせて296人が推薦され、前年度に推薦された研究者のうち今年度4月1日時点で45歳未満だった155人を加えた451人から選考された。受賞者には賞状、賞牌の他、副賞として研究奨励金110万円が贈呈される。さらに受賞者のうち、特に優秀な業績を残した6人以内に、日本学士院学術奨励賞が授与される。


この記事は2020年1月14日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:東大の足元は今③学生寮 教育の場としての学生寮を デジタル化時代の大学教育の在り方とは
ニュース:阿部選手10区を駆ける 箱根駅伝 「悔しいが未練ない」
ニュース:教養学部学部交渉 食事環境の整備など6項目を要求
ニュース:理学系・西増准教授が受賞へ 日本学術振興会賞 生研・野村准教授も
ニュース:流体中の微小粒子を安価簡便に自動測定
ニュース:遺伝子発現の制御に茶カテキンが関係
ニュース:七大戦 東大は最下位発進 アイスホッケー欠場響く
企画:国境越えた中国茶の世界 歴史や味わい方をのぞき見
WHO,ROBOT:第3回 ロボット通じ学生の挑戦促す 「ヒト型ロボット」研究開発の意義とは
教員の振り返る東大生活:インド哲学仏教学研究室 蓑輪顕量教授(人文社会系研究科)
研究室散歩:@情報熱力学 沙川貴大准教授(工学系研究科)
青春の一冊:畑村洋太郎編著『実際の設計 機械設計の考え方と方法』 高橋宏和准教授(情報理工学系研究科)
キャンパスガイ:堀井崇史さん(理Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2019年07月31日

【東大新聞オンラインPICK UP】〜研究編〜 興味の数だけ広がる世界

NEWS 2020年05月18日

目標達成に必要な「やり抜く力」の予測法を開発

NEWS 2019年09月06日

知と人材の集積を生かす Society5.0実現に向けた東大の取り組み

NEWS 2019年11月05日

光を当てるだけで水素放出 軽量で安全な貯蔵・輸送に期待

NEWS 2019年10月11日

地球温暖化の経済被害を推計 軽減の可能性あり

TOPに戻る