ニュース

2021年9月9日

東大・日立 ビックデータ基盤の新技術開発 ITシステムの省エネルギー化へ

 東大生産技術研究所(生研)と日立製作所は9月2日、ビックデータの活用におけるエネルギー効率化につながる、新しいデータベースエンジンを共同で研究開発したと発表した。CO2排出量削減への貢献が期待される。

 

 データベースエンジンとは、データを操作するときに使われるソフトウェアで、今回の研究では、ビックデータ基盤に使用されるデータベースエンジンの処理方式に変更を加えた。エネルギー効率化に必要な超精密モデルと電源管理機構を開発し、データベースエンジンに適用。同時に、最適なデータベースへのアクセスを判断する方式も確立した。

 

 商用利用も想定。鉱山露天掘りの機器稼働管理IoTシステムを模した実証実験を実施した。結果、同一消費電力で従来比200倍超のデータ分析処理が確認された。

 

 生研と日立は、10年以上にわたり、超高速データベースエンジンなどの研究開発を共同で行ってきた。両者は今後、本技術を活用し、ビッグデータにおける省エネルギー効果最大化の実現を目指すとしている。

TOPに戻る