EVENT 2020年9月19日

【オンライン五月祭おすすめ企画10選】④ブラアカ 第26回五月祭演奏会

 史上初の全面オンライン開催となった本年度の五月祭。どこからでもアクセス可能なのを生かし、普段は参加しないような企画にもぜひ参加してみてはいかがだろう。今回は約110の企画の中から、個性豊かな10の企画について、各担当者に寄稿してもらった。
(ロゴ、写真は特記なき限り各団体提供)

 

 

ブラアカ 第26回五月祭演奏会

東京大学ブラスアカデミー

企画ページはこちら

20日 17:00〜(アーカイブ配信あり)

【こんな人におすすめ】
吹奏楽に詳しい方もそうでない方も、子どもから大人まで幅広くお楽しみいただけます

 

伝えたい思いよ届け

 

 東京大学ブラスアカデミーは、オンラインで五月祭演奏会を行います。YouTube上で開催される今回の演奏会では、昨年度の演奏会からえりすぐった演奏と、新たに収録したリモート合奏を配信します。リモート合奏とは、団員それぞれが自宅などで録音・録画し、それを一つにまとめて曲を完成させるというもの。対面練習ができない中団員が個人練習を重ね、収録に臨みました。副指揮を務める磯谷允亨さんは「録音を聴いて団員にフィードバックを行い、再度録音を行うという段階を踏むことで少しでも演奏の質が上がるよう工夫しました」

 

 

 また、リモート合奏には録音や録画をつなげる編集作業が必要です。「対面であれば息遣いからタイミングを合わせるなど色々なことを互いに感じ取りながら演奏できますが、オンラインではそうもいかず。それを編集で補うのに苦労しました」と音声編集担当の柴山颯志さん。丁寧に施された編集にも注目です。

 

 磯谷さんは「当団は五月祭のオンライン開催が決まった直後からリモートで準備を進めてきました」。団体としても初のオンラインでの演奏会です。「練習場所や録音環境、編集などの苦労を乗り越えて何とか音楽をお客様にお届けしようという団員達の様々な思いが詰まっています。そうしたことにも思いをはせつつ聴いてほしいです」


この記事は2020年9月15日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:発表の場を守る決意が原動力 五月祭、史上初のオンライン開催の舞台裏
ニュース:THE世界大学ランキング 東大は2年連続36位 トップ100に国内2校のみ
ニュース:情報理工 院試で出題ミス 合否に影響なし 
企画:〜自宅から最高の体験を〜 第93回五月祭 おすすめ企画11選
キャンパスのひつじ:めいちゃん
五月祭常任委員会によるオンライン五月祭 アクセス方法紹介

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月11日

【五月祭おすすめ企画②】五月寄席 お笑い好き東大生の本気

EVENT 2017年06月03日

過労死をなくすため、再考するべき5つの論点…東大五月祭シンポジウムレポート

NEWS 2017年05月21日

東大・五月祭で高橋まつりさんの母親と弁護士が講演 東大新聞主催シンポジウム

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月11日

【五月祭おすすめ企画①】British Rock研究会五月祭ライブ ライブでの経験を生かす 

COLUMN 2020年09月19日

【キャンパスのひつじ】めいちゃん

TOPに戻る