LATEST NEWS 2020年3月27日

大学院准教授2人に懲戒処分 学生へのハラスメント行為で

 東大は3月24日付で、大学院所属の准教授(40代男性。A准教授)と准教授(40代女性。B准教授)にそれぞれ停職6カ月と戒告の懲戒処分を行った。

 

 A准教授は指導教員として指導していた大学院生(女性。Cさん)、自身主宰のゼミに出席していた大学院生(女性。Dさん)の2人に、女性研究者の結婚や妊娠、出産、子育てと研究活動が両立し得ないと繰り返し述べた他、不適切な侮辱をした。B准教授は自身主宰のゼミに参加したDさんに、他の学生の面前で研究活動を否定する発言をした。さらにA准教授主宰のゼミで、Cさん、Dさんの結婚などのプライベートと研究をやめることを結び付けて発言するなどのハラスメントを行っていた。

 

 両准教授のハラスメント行為は就業規則38条第5号に定める「大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけた場合」などに該当するとされ、懲戒処分が下された。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2020年07月05日

広い知見を専門研究に活用 総長賞受賞者が考える大学院での研究

NEWS 2019年06月18日

液体のりで造血幹細胞増幅 山崎特任准教授ら 血液疾患の治療に貢献

COLUMN 2017年03月27日

訪問してもわからない? 研究室のオモテウラ【調査報道:ブラックラボとは何か③】

NEWS 2020年02月19日

先端科学技術研究センターにて物流3社が講義開始へ 「高度物流人材」育成目指す

COLUMN 2019年10月26日

芸術に大学の知性を 芸術創造連携研究機構 世界水準の芸術教育へ

TOPに戻る