LATEST NEWS 2018年8月15日

史料編纂所図書室の利用方法が変更に 耐震改修工事に伴い、2019年度から

 史料編纂所は8月7日、図書室の耐震改修工事が2019年度に行われ、それに伴って図書室の利用方法を変更すると発表した。2019年度初めから工事終了までの約1年間、閲覧証票を持っている場合でも、来室に当たっては事前予約が必要となる。理由について、史料編纂所はウェブサイト上で「正面玄関閉鎖および閲覧スペース縮小が予想されるため」としている。

 

 書庫は今回工事対象にはなっていないが、工事に当たって一部の史料・図書が利用できなくなる可能性もあるという。予約方法や工事期間などの詳細は決定次第ウェブサイト上で公表する。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2018年04月16日

お掃除を通して留学生と日本人学生、OBOGが繋がる!Greenbird 東京大学チームが4月21日にスタート

COLUMN 2019年10月30日

【WHO, ROBOT①】ロボットと人の役割分担明確に ~東大教授と迫る「ロボット工学三原則」~

PUBLIC RELATIONS 2019年09月26日

「HONGO AI 2019」最終選考会進出スタートアップ紹介・前編

NEWS 2018年05月26日

東大生協 中央食堂の絵画廃棄問題で専務理事の役員報酬を減額

COLUMN 2019年05月06日

19歳が見た欧州自動車の世界:イギリス編

TOPに戻る