LATEST NEWS 2016年12月11日

総合図書館の利用制限、反対する学生有志が文科省で会見 「段階的工事を」

fig1

 

 総合図書館が2017年度中ほぼ利用が困難になる件について、学生有志「閉館に反対する学生の会」は1日に文部科学省で記者会見を行い、「段階的な改修耐震工事への変更・代替措置実施を要求する」という同会の目標などを訴えた。今後の活動について、楊椋・元共同代表は「(署名活動など)現在の活動を継続するとともに、大学側と交渉していく」と述べた。

 

 同会は、図書館の閉館に関する11月18日のツイッターの投稿から1日時点までの経緯(表)を記者団へ説明。楊元共同代表は一連の東大側の反応を振り返って「学生や教員の意向が全く反映されていない決定で、とても残念」と指摘した。

 

 質疑応答で楊元共同代表は、「大学側がどのように対応すれば満足できるか」という質問に「工期を段階的にするのが第一だ」と回答。「代替措置が有効ならば学生に不利益はないのでは」との質問には、「工期変更とともに有効な代替措置も要求しているが、今から閉館までの約4カ月の間に勉強・閲覧スペースや書籍の問題を解決するのはかなり困難だと思う。大学に代替措置を提案をしたいが、我々では現実的な対策を考えられない」と答えた。

 

【関連記事】

総合図書館本館が2017年度に1年間閉館か

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年09月04日

1兆分の1秒以下で1コマを撮影可能 世界最高速の連写カメラを開発

NEWS 2018年08月17日

「二人羽織ロボット」を開発 遠隔操作で共同作業

NEWS 2020年05月18日

目標達成に必要な「やり抜く力」の予測法を開発

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月18日

人はどのように選ばれる?…行動心理学アイエンガー教授から就活生へのアドバイス

COLUMN 2020年07月30日

【WHO,ROBOT⑤】遠隔化の波は診療を超えて手術まで~ロボット工学と医学の融合~

TOPに戻る