LATEST NEWS 2020年6月24日

先端研 研究内容のバーチャル公開実施 VRや動画活用

 東大先端研は、ウェブやVRを利用して先端研の研究を紹介する「バーチャル先端研公開」を6月から実施している。これは例年5、6月に実施している駒場リサーチキャンパス公開の中止を受けたもの。

 

 バーチャル先端研公開に当たり、先端研のシンボル、13号館周辺のバーチャル空間がVRプラットフォーム「cluster」上で作成され公開されている他、ウェブ上での講演会、公開研究会が行われた。

 

VRプラットフォーム「cluster」上での13号館の様子(写真は先端研身体情報学分野提供)

 

 先端研の担当者によると、駒場リサーチキャンパス公開の中止が決定したのは4月。五月祭の延期を受けて、生産研と中止の調整をした。バーチャル先端研公開のウェブサイトが公開されたのは5月29日で、5、6日にオンライン講演会などのイベントが行われた。バーチャル先端研公開はオンラインイベントとして、秋にかけて継続していくため、VR空間でのポスター発表や動画コンテンツなどを順次特設サイトに掲載していくという。

 

バーチャル先端研公開2020のウェブサイト

この記事は2020年6月16日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:入構制限、キャンパスの現状は 活動制限緩和から2週間
ニュース:新型コロナ 理研・製薬2社と基本合意 治療薬実用化目指す
ニュース:先端研 バーチャル公開実施 VRや動画活用
ニュース:ゲノムの次世代 編集ツール開発
ニュース:新型コロナ抗体検査 500例のうち陽性は4人
ニュース:総図・柏図 東大公表の活動制限レベルに応じた提供サービスを公表
ニュース:QS世界大学ランキング、東大は順位二つ下げ24位
ニュース:進学選択 進学志望登録など、1週間程度後ろ倒しへ
企画:論説空間 コロナ禍で理解は進むか 感染症数理モデルの活用 稲葉寿教授(東大大学院数理科学研究科)
企画:何気ない日常に彩りを 「辛い」だけじゃないスパイスの魅力
東大新聞オンラインPICK UP:就活編
東大最前線:コウモリの生態 福井大助教(東大大学院農学生命科学研究科)
100行で名著:『出家とその弟子』倉田百三著
キャンパスのひと:増田裕樹さん(薬・4年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年05月09日

津田大介氏が語る、ネットメディアを立ち上げる秘訣

COLUMN 2019年10月21日

【NEW GENERATION】 神経科学 石川理絵助教

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年06月11日

西成活裕教授インタビュー 渋滞学・無駄学の第一人者に聞く 流れを見渡す重要性

COLUMN 2018年04月27日

【発掘!東大博物館】「東大の知を保存する」総合研究博物館編

COLUMN 2019年01月04日

【駒場のアツいゼミ特集①】高山ゼミ 徹底した研究と議論でゼミ生と至高の時間を

TOPに戻る