COLUMN 2020年3月12日

多言語で世界を考える喜びを 教員と参加学生に聞くTLP制度 ①教員編

 入試時に高い英語の能力(上位1割程度)を持つと認められた学生のうち、希望者を対象に第二外国語を集中的に鍛えるトライリンガル・プログラム(通称TLP)。中国語を皮切りに、2019年度現在、六つの言語でTLPが用意されている(表1)。TLPの設立に携わり、現在は後期TLPから発展したEAA「東アジア教養学」のコーディネーターを務める石井剛教授(総合文化研究科)に中国語を例にTLPについて話を聞き、TLPに参加した学生3人の声を聞いた。

 

 

(取材・米原有里)

 

  TLPはいつ、どのような経緯で設立されたのですか

 

 TLPは2013年度に実験的に開始されて、14年度に本格始動しました。当時、国際的な大学ランキングで非英語圏でありながら上位にあったのは東大だけでした。英語圏にはない、東アジア的な特性で世界に伍していくために、英語と並んでグローバルな言語となるであろう中国語を扱える人材を育てたいと思ったのがTLP創設のきっかけです。

 

 現在、従来の西洋的な民主主義のあり方に軋みが生じている一方、中国が急激に発展しています。そのような視点で見たとき、数十年後、中国語を使えるか否かは決定的な違いをもたらすと思います。英語と中国語を徹底的に学び、西洋的な知の世界でも、中国的な漢字文化圏でもない、新たな世界のあり方を考えられる人材が必要なのです。

 

  TLPの授業にはどのような特色があるのでしょうか

 

 一部独自の教科書を使ってはいますが、TLPと一般の授業とで決定的な違いは特にありません。あるとしたら教え方の違いでしょうか。中国語はTLP生のみのクラス編成で、TLP担当の先生同士で個々の生徒について話し合い、TLPの授業同士が有機的に連動するように工夫しています。

 

  TLPの最大の魅力はなんでしょうか

 

 少人数できめ細かい授業ができることでしょうか。中国語は1クラス20人以下に収まるようクラスを作っています。先生方もTLPを熟知した先生ばかりで、学生さんと先生との距離が近いです。また、海外研修に企業からの支援をいただくなど、社会からの期待が大きく、言語学習にとどまらないさまざまな活動の場が提供されます(写真)

 

(写真)南京でのTLPの研修の様子。中国語に限らず、TLPでは夏休みや春休みに海外での語学学習や学生交流などを行っている(写真はTLP中国語部会提供)

 

  TLPで養成される語学力とはどのようなものでしょうか

 

 結果的に修了生はHSK(中国語の検定試験)5級程度(注・全6級のう2番目に難易度が高い)の語学力を身に付けますが、特にそれを目標としているわけではありません。学生には、前期教養課程が終わる時までには中国語で授業を受けることができるようになろうね、と言って教えています。正確な読解力によって身に付けた教養と、それに支えられた発信力を習得することが目標です。

 

  TLPでは授業についていけなかったり、必修科目の多さ(表2)を負担に感じた多くの学生が離脱したりしています(表3)

 

 

 

 半数以上の学生が離脱してしまうのは問題ですが、そもそもTLPはできる人を伸ばすように設計されているので、やむを得ない面があります。私が学生に伝えているのは、たとえ脱落したとしても、たまたま中国語が自分に合わなかっただけだということ。みんな東大生だからどこか他の場所で能力を発揮するはずで、そこに能力の優劣はありません。むしろTLPを続けた人と疎遠にならずにお互いリスペクトし合ってほしいですね。

 

  15年度に教養学部後期課程で設立された、中国語においてのみ開講されている後期TLPとはなんでしょうか

 

 前期教養課程修了後、中国語のさらなる向上を求める生徒を対象に発足したプログラムです。前期TLP履修者に限らず、中国語と英語ができる優秀な学生が集まっています。20年度からはEAA(東アジア藝文書院)と名称を変更し、進化します。従来は言語運用能力を高めることにとどまっていましたが、EAAでは提携する北京大学と協力し、中国語と英語を使ってこれからの世界を考えることのできる人材育成を目指します。

 

  TLPの履修を迷っている新入生に向けて一言お願いします

 

 TLPを履修し、多くの言語を使って世界を考えるという喜びを感じてください。多角的な視点で世界を見ることで、多くの想像力が生まれてくるからね。

 

石井 剛(いしい つよし)教授(総合文化研究科) 08年人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。総合文化研究科准教授などを経て、17年より現職。中国哲学・思想史を専門とする。

 

【関連記事】

多言語で世界を考える喜びを 教員と参加学生に聞くTLP制度 ②学生編


この記事は2020年3月10日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

企画:2020年度東大入試 合格者受験番号
ニュース:文Ⅲ最低点文Ⅱ超え 理Ⅲ以外で平均点下降 前期日程試験3010人が合格
インタビュー:東大卒映画監督・豊島圭介さんに聞く 青年たちの熱さ、今へ
ニュース:KAGRA  重力波観測を開始 アジア初の重力波望遠鏡
ニュース:新型コロナ 学位記授与式・卒業式を縮小 オリ合宿など中止も相次ぐ
ニュース:シリコン負極電池実用化へ道 二次電池容量20%増
ニュース:情報理工 修士定員85人増 情報教育強化へ
企画:新生活に潜む落とし穴は データと失敗談から見る東大生活の送り方
企画:東大 部活・サークル一覧
企画:多言語で世界を考える喜びを 教員と参加学生に聞くTLP制度
キャンパスのひと 中村慧地さん(文Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月07日

東大生は20年で変わったのか? 江川達也さんに20年ぶりに聞く

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年08月25日

【蹴られる東大⑨】東大は本当に「蹴られて」いるのか 鈴木寛教授インタビュー

COLUMN 2017年11月25日

【東大2018④】東大受験における首都圏と地方の違いとは?

INTERVIEW / FEATURE 2016年03月10日

Another Face? : What the Vice Chairman of Goldman Sachs Has “Invested” Over 10 Years

EVENT 2019年06月25日

ENTACKが北海道白老町でワークショップ 小中学生に学びの場を提供し地域活性化へ

TOPに戻る