SPORTS 2016年4月16日

硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

 硬式野球部(東京六大学野球)は16日、明治大学との1回戦を神宮球場で戦い、両者無得点の九回裏にスクイズを決められサヨナラ負けした。東大は九回表に1死三塁の好機をつくるも、スクイズに失敗して得点できず開幕から3試合連続の完封負け。試合開始前に、熊本地震の被災者への黙とうがささげられた。

 

九回表にスクイズを仕掛けるも、失敗に終わる(撮影・竹内暉英)
九回表にスクイズを仕掛けるも、失敗に終わる(撮影・竹内暉英)

 

東大|000000000|0

明大|000000001X|1

 

 先発の宮台康平投手(法・3年)は初回から危なげない投球を続け、六回まで内野安打2本に抑える。球数の増えた八回裏に1死満塁のピンチを迎えるも、続く打者を三振と内野フライに打ち取って切り抜ける。

八回裏、2死満塁をファーストフライで切り抜けた宮台投手(撮影・佐方奏夜子)
八回裏、満塁のピンチを内野フライで切り抜けた宮台投手(撮影・佐方奏夜子)

 

 打線はプロ注目の右腕、柳裕也投手(4年)の前に八回まで1安打と封じ込まれる。しかし九回表、先頭の桐生祥汰選手(経・4年)の二塁打から1死三塁の好機を演出。ここで1点を取りにスクイズを仕掛けるもフライとなり、併殺で絶好機を逃す。その裏、続投した宮台投手は二塁打と犠打で1死三塁とされると、柳投手にスクイズを決められサヨナラ負けを喫した。

柳投手の前に2安打完封負けを喫した(撮影・佐方奏夜子)
東大打線を2安打無失点に抑えた柳投手(撮影・佐方奏夜子)

 東大は17日午後1時30分ごろから、明大との2回戦を戦う。

 

(文・竹内暉英)

 

開幕2戦の結果はこちら

硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年06月29日

今季3勝、硬式野球部躍進の秘密と課題は?【投手編】

COLUMN 2014年03月17日

【サークル奮闘記】「本を書きたい」学生を発掘して出版社に売り込む! 出版甲子園実行委員会

COLUMN 2016年08月07日

【東大庭球部寄稿】リオ五輪「テニス」の見どころ

SPORTS 2016年07月07日

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位

SPORTS 2017年04月23日

アメフト部 今年から1部昇格の桜美林大に3―17で完敗

TOPに戻る